最終話のまえがき+拍手お礼(5月9日)
ご訪問くださり、有難うございます。


このブログを立ち上げて1年と10か月弱…もう2年近くになります。
最初は3か月で終わらせる予定だったのに、そんなに長くやってしまったのですね(笑)
これも応援してくださった皆様のお蔭です、心よりお礼申し上げます。


そしてとうとうこのブログの、最後のお話をアップするときがやってきました。

思えば「もうあと少しで終わりです」と書いて、もう数か月になります…(汗)
読者様の中には「ちっとも終わらないじゃん!いつ終わるんだよ!」と苛々とされたいた方もいらっしゃったかもしれません。
お待たせいたしました(;^ω^)


それでは続きから、最終話についての「まえがき」と拍手お返事になります。

続きを読む
スポンサーサイト
【2014/05/09 11:17】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
「誰も知らない」あとがき+拍手お礼(1月8日)
「たかじんさんが亡くなられましたが…大丈夫ですか?」とメッセージを頂きました。
お気遣い、心より感謝いたします。
私は大丈夫です。
あの人は恐らく長生きしないだろう…と常々思ってましたから。
お酒の呑み方とか滅茶苦茶な人でしたからね(苦笑)
たかじんさん本人も「俺は50歳くらいで死ぬんだと思ってた。石原裕次郎や美空ひばり、マイケル・ジャクソンのような天才と云われる人は50歳くらいで亡くなってるから。でも俺はまだ生きてる…めっちゃ凡人やった(笑)」とよくジョークとして仰ってました。
それにやりたいことはまだたくさんあったでしょうけど、後悔はしてない生き方をされた方だろうと思います。

たかじんさんと懇意にされていた宮根誠司さんは今日ご自身の番組で「こんな風に黙って逝くなんて…水臭い、酷い」と仰ってましたが、たかじんさんは弱ってる姿を誰にも見られたくなかったんだと思います。

私としてはたかじんさんの生歌を4回も聴きに行けたことが最高の思い出になりました。
そのうち一回は1階の最前列で…あんなに至近距離で彼の歌を聴けた私は幸せ者です。
2008年に行った大阪でのイベントコンサートでは、私の大好きな曲「明日になれば」のサビ部分をマイクなしの生声で聴いた時は全身鳥肌が立ちました。
勿論、もっともっと聴きに行きたかったんですけどね…。
前回一緒にコンサートに行った友人たちとも「65歳記念でまたツアーやるらしいから、今度も行こうね~!」と約束していたので残念でなりません。

こんなところでなんですが、最後に天国?のたかじんさんにお礼を…。

あなたのお蔭で当ブログのSS、「夢見る男のために」と「午前二時のモノローグ」が出来ました。
あなたの歌が、あなたの素晴らしい歌唱力がなければこのSSを思いつくことはありませんでした。
本当に有難うございました。
これからも私はやしきたかじんのファンで居続けます。

一ファンとして心よりご冥福を申し上げます。



ベバSSブログなのに関係ないお話でごめんなさい!
畳んだ先は「誰も知らない」のあとがきと、コメントのお返事になります。
続きを読む
【2014/01/08 21:21】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
「月齢14.77」あとがき
なんといいましょうか、今回はSSのすぐ後に余計なあとがきを入れたくなかったので、別記事としてあとがきを…。

続きを読む
【2013/12/18 10:43】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
「歓喜の歌」あとがき
今回のSS作業が終わったので、読者の方から薦められて見ていた「シンイ」最終回、やっと視聴いたしました。
その方曰く、「最終回は二次小説を書きたくなるようなラスト」とメールに書かれてまして
「ひぇぇぇぇ~!
 最後まで見て、もし書きたくなっちゃったらどーしよう?!」
と不安だったのですが…大丈夫でした。

なんというか、ええ感じの終わり方だったので、妄想の余地なし、です(笑)

私にとって二次の妄想というものは、原作の消化不良を補うためにあるようなもので…。
考えてみたら「シティハンター」も「ギャラリーフェイク」も、主人公とヒロインがちゃんとくっつかないから妄想しまくったんですよね(笑)
「このままいけば、たぶんくっつくだろう」という終わり方だったので、その後の二人のラブを妄想で補ったんでした。

ベバなんかその最たるもので……しかも「好き同士なのに別れる」ってどーいうことだよ!
妄想するなって方が無理でしょ!!
…とお陰様で再会→遠距離→同棲→結婚→妊娠・出産…まで妄想してしまいました。
ついでに裏のドエロいのまで妄想致しておる次第です(笑)


ルミの妊娠・出産SS「歓喜の歌」、読んで下さり有難うございました。
続きからはあとがきです。

続きを読む
【2013/12/09 22:00】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
「妊娠・出産編」のまえがき
本日、子寅1号が蕁麻疹になりまして。
「夜、痒がって寝愚図ったらまえがきがアップ出来んなぁ~」
なんてことを考えていたダメ親の寅三吉。です。
二人とも私の血を引いて……立派に蕁麻疹を発症する体質のようです(苦笑)
痒いんですよね~…アレ。
原因が分からないことが多いので、それではどうしろというのだ?!という感じです。
(体調が悪いと発症したりすることもあるようです)

夕方、病院に行って貰ってきた飲み薬と塗り薬のお蔭か、はたまた昼寝をさせていないからか(幼稚園の前準備の為)、有り難いことにすぐに就寝いたしました。
ですからご心配は無用ですので(^-^)





さて「ルミの妊娠・出産編」…全部で4話になると思います。
昨晩アップした拍手お礼にも書きましたが、まだ完成しておりませんゆえ…(苦笑)

ただ「Hymne a l'amour」を読んでくださってる方はご存知かと思いますが、我が家のルミは一度流産しております。
今回はまたその辺りの話も出てきますので、そういった描写を読まれたくない方は2話と3話の前半は飛ばしてください。
「Hymne a l'amour」ほど、重い描写にはなってないと思いますが…念のため。

新たなオリジナル・キャラが出てきます。
ルミの主治医(韓国人女性)です。
以前、「Beethoven Syndrome」の削除したあとがき部分にも書きましたが…
容姿は「結婚できない男」の早坂夏美先生を演じられた夏川結衣さんでお願いします。

natukawa.jpg

5214420.jpg

夏川結衣さん

中身のイメージもドラマのままで!
も~あの時の夏川さん、大好きっ!
阿部寛演ずる桑名さんに「あなたって人は~~~…っ!」という姿がツボ(笑)
第1話の診察を嫌がる桑名さんのズボンをズルッ!と脱がしてお尻を診察、お尻を出したまま咽び泣く桑名さんに「あ、お誕生日おめでとうございます」と淡々と云う夏川さんが堪りませんv

それではアップは明日の夜から…と考えております。
よろしくお願いいたします。


関係ありませんが…こちらは桑名の隣り部屋の住人のペット、ケンちゃん(笑)

kenchan.jpg


ミョンミンさん並みのいい演技をする名俳優です。
【2013/12/02 20:49】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ