拍手お礼(11月25日)
拍手コメント有難うございます!

赤子はニヤリ、と笑い(生理的微笑というヤツです。本当に笑っているわけではありません)、難しい顔をし…
眉を顰め、口を大きくヘの字に曲げる、カン・マエが難しい顔をする時みたいな表情を時々してくれて、笑いを誘ってくれます。

実家に帰ってくるとある程度の事を自分でやらねばならんので(赤子の入浴とか長男の世話とか)、やはり妄想する時間やSSを書く時間が憚られるようです。
実家でこうだから、家に帰ると更に書けなくなるんでしょーね…(汗)

そんなわけで実家にいるうちに出来るだけやっておこうと思ってます(笑)

ショートが1本完成しそうなので…近々アップしようかと思います。
ただこれをアップした後の話は少し長くなりそうなので、次がいつになるか分かりません。
何かいい感じのショートを妄想できればアップしたいのですが。

それでは続きから拍手のお返事ですv

続きを読む
スポンサーサイト
【2012/11/25 14:02】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
拍手レス(11月21日)
不在中、拍手コメント有難うございますv
しかも私的なことでのお祝いコメント…本当に恐縮です。

赤子はよく寝てくれるので、夜、長男坊が寝静まった後、少しずつですが次のSSを書いてます。
あ、無理はしてませんのでご心配なく…。
体力が有り余ってる上に、乳も出まくってるので(痛いくらいです・泣)…もっと動きたいくらいなのに動いちゃいかんので、パソコンくらい触らせてくれ!と。

それでは続きから拍手コメントのお礼です。
続きを読む
【2012/11/21 14:00】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
コメントお礼です
こんにちは。
無事退院いたしました。
帝王切開だったので友人から「痛いよ~」「退院後も暫くは動けないよ~」と云われていたのですが。

流石に術後2日目くらいまでは大変だと思ったんですが、無駄に体力と治癒力があるせいか普通分娩の時よりも動けているという事実。
先生や看護師さん、助産師さんに「痛みに強いですね」「体力ありますね」と云われまくってました。
ゴルゴほどの体力、治癒力はないと思われるので、睡眠薬を飲んだ後のトーベン並の自己治癒力だと思われます(笑)いや、あのシーン見たとき「もうあんなに元気になってるし!」と驚いたので。
デリケートゾーンが全く無傷なので、術後1日目から普通に座れたのも有難いですね(経産婦さんは分かると思いますが…普通分娩だと痛くてO型、U型座布団がないと座れないんです)。

入院中はほどほどに妄想しておりました~。
そしてリズ様、チップ様のところのSSでドキマギしたり、ハァハァしたり…(笑)
人様のSSは先の展開が読めないのでとっても楽しいです。

それでは続きから、不在中に寄せて頂いたブログへのコメントのお返事ですv

続きを読む
【2012/11/19 13:59】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
ちょっとだけお裾分け
ちょっとだけお裾分けですv
youtubeの動画なので、もう既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが。
ベバ撮影終了直後のキム・ミョンミン氏のようです。

youtube動画

軽く下ネタ?とかも喋ってるミョンミンさんです(笑)
そうか~本当は子供二人目、欲しかったんだぁ~(笑)
あのお美しい奥様がおいくつかは存じませんが、今からでも遅くないと思いますぞ、ファイティン、ミョンミンッシ!

そしてポッキーの日にちなんで、ペペ様から教えて頂いた素敵サイトです。

ポッキー占い

カン・マエは1968年10月8日(ドラマ放映当時から算出して…だそうです)
ルミは1983年2月2日(イ・ジアさんの誕生日と仮定して)

とっても素敵ングな結果がでますv
相性占いも是非~vvv
【2012/11/11 13:50】 | お裾分け | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
拍手お礼(11月11日)
あ、今日はポッキーの日ですね。

拍手、コメント、本当の本当に有難うございますvvv
SS書きにとってはとっても励みになります。
応援して下さった皆様のおかげで「Beethoven syndrome」までアップ出来たようなモノです。

頂いたブログコメントのお返事にも書いておりますが、なんだかんだでその後の二人の妄想が止まらないので…
本当に落ち着いたら、新しいSSをアップしたいです。
何人もの方が「落ち着いたら続きを是非!」と仰って下さってるので、心強いです(感涙)
その時はまた宜しくお願い致します!

そして明日(11月12日)以降、コメントのお返事が暫くは出来なくなります。
術後は暫く動けない…と友人が云っているので、最低10日~2週間はできなくなるのではないかと…。
はい、入院です、帝王切開です。
もう覚悟を決めてドッシリと構えてるので、大丈夫です(笑)
二人目だし、親しい友人二人が帝王切開してるので(そのうち一人は同じ病院で出産したので、色んな情報が貰えて有難いです)もうあぐらかいてる状態です。
でも折角料理が美味しいと評判の産院なのに、術後4日目からしか普通食が食べれないのが悔しい(苦笑)まぁ前回も同じ病院だったのでがっつり食べれたのでいいんですが…。


閑話休題


そして今現在、稼働中の他のベバのSSブログをお楽しみ頂ければ…と思い、ふたつご紹介させていただきます。
ひとつは「リズ様」のところですので、もう既にご存知の方が殆どでしょうから改めて紹介させてもらうのはおこがましいとは思うのですが。

a starlit night

ドラマ通りの「超ツンデレ」で「不器用」で「ドS」な…でもルミを隠れて超溺愛してるカン・マエと、彼を一途に想うひたすら可愛いくて堪らないルミが、叙情的で美麗な文章で描かれております。
相互リンクさせて頂いております(有難うございますv)


もうひとつは9月からSS活動をされてる「チップ様」のブログです。

チップ様のブログ

こちらはウチのと同じくらい?大人なカン・マエです、素敵なエロいカン・マエですv
チップ様のルミは脆いところもありますが、しっかりしてます。
カン・マエに愛されて大人の階段を上ったようです…ウチのド天然・無鉄砲・無自覚小悪魔ルミと違って(笑)。
チップ様のところはアメンバー申請の裏SSもありますので、申請される場合はきちんとした手順を踏んで下さいます様お願いいたします。
(申請されるには、アメンバーに登録しなければいけませんのでご了承ください)
裏…と云ってもR18だけじゃなく、甘いカン・マエもアップされております。


それでは続きから拍手コメントのお返事ですv

続きを読む
【2012/11/11 13:33】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
Beethoven syndrome あとがき
いつも私の拙いSSを読んで下さり、有難うございますv


続きを読む
【2012/11/07 21:13】 | まえがき・あとがき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
Beethoven syndrome 後編
「トゥ・ルミさん」

看護師に呼ばれると、待合室の椅子に座っていたカン・マエとルミは顔を上げた。

「3番診察室へどうぞ」

二人は立ち上がり、伝えられた診察室へと向かう。
ドアまであと2メートル…というところでルミは立ち止った。


Beethoven syndrome 後編
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/07 21:06】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
Beethoven syndrome 中編
カン・マエが仕事を終えて帰宅すると、既に夕食の準備が出来ていた。

「珍しいな。
 帰宅時間がいつもより遅かった……ということはないな?」

時計をチラリと見ながらカン・マエが云うと、ルミは微かに笑う。
しかしその笑みは、いつもと何かが違う。


Beethoven syndrome 中編
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/06 21:04】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
Beethoven syndrome 前編
その日の夜はミュンヘン・フィルハーモニーの公演日だった。
フィルの常任指揮者マエストロ・カン・ゴヌはタクシーの後部座席に乗り、目を瞑っている。

「先生、今日の公演はどうだった?」

隣りに座っている彼の年若い妻、トゥ・ルミが訊いてきたので目を開き、彼女の方を一瞥すると視線を前に戻す。

「まぁまぁ…だな。
 今日は可も無く不可も無く…と云ったところか」

「でも『エロイカ』は良かったと思いますよ?」

「交響曲第三番か…。
 そうだな、あれは今日の楽曲の中で一番の出来だったな」

「ピアノ協奏曲の『皇帝』も良かったです」

「あれはハッキリ云ってピアニストのお陰じゃなかったか?」

「そんなことないです!
 先生の指揮が素敵だから、いい演奏が出来るんです」

カン・マエはその言葉を聴くと、僅かに左の頬を上げて「当然だ」とでも云いたげに「フッ…」と鼻から息を漏らす。

本日の公演はベートーベン特集ということで、全ての演奏曲がベートーベン作の楽曲であった。
ベートーベンの母国であるこのドイツでは、やはり彼の曲は大人気である。
今回、フィルのチケットは発売から数分で売り切れたと事務員が云っていたらしい。
それでなくてもカン・マエが就任して以降のミュンヘン・フィルの評判はうなぎ登りですこぶる良く、身内でもチケットが取るのが難しいというほどだ。
勿論ルミはほぼ毎回といっていいほど公演を聴きに行っている。

彼の音楽を聴く毎に、益々彼に惹かれていく自分が居る――。

当然のことながら――彼が出張の時以外は――毎日のように会っているのに飽きることが無い。
性格だって相変わらずだ。
尊大で自分勝手、云いたいことをズケズケと云う毒舌家ぶりも健在である。

でもルミは15歳も年の離れた、そんな彼のことを心の底から愛している。


(本当に私…先生をどれだけ好きになれば気が済むんだろう……)


ルミは車外の景色を眺める夫の整った横顔に見蕩れながら、これからも彼の音楽を聴けることにしみじみと幸せを感じている。


二人は1ヶ月ほど前、韓国に帰国し、無事に入籍を済ませて晴れて夫婦となった。


Beethoven syndrome 前編
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/05 23:59】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
拍手お礼(11月5日)
急に寒くなってきましたが、皆様お変わりございませんか?

いつも拍手、コメント、有難うございますv

ウチのカン・マエ×ルミもやーっとのことで夫婦になることができました(笑)
私の中ではこのSSブログをはじめてから3か月強ですが、SS内ではドラマが終わってから3年数か月かかってます。
カン・マエ43歳、ルミは28歳…カン・マエは兎も角、ルミはなんとか適齢期内に結婚しましたね。

では続きからは拍手コメントのお返事です。
続きを読む
【2012/11/05 23:57】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

 
Phone
ミュンヘンの中心街から車で20分ほどのところにある高級住宅街のとある家の駐車場に黒い車…アウディA8が停まった。
車から降りてきた人物は韓国人男性で、ミュンヘン・フィルで音楽監督を務めるカン・ゴヌである。

彼は玄関前の階段を上り鍵を開けてドアを開けると、彼の愛犬であるトーベンが千切れんばかりに尻尾を振って嬉しそうに彼の帰りを待っていた。
つい5日前まで数日間、人に預けられていたこのコリー犬は年の所為もあるのかもしれないが最近頓に甘えてくる。
そしてここ4日、飼い主であるカン・マエの同居人が不在の為、昼の間は家で一匹で留守番してるからでもあろう。

家の中はトーベンの鳴き声だけが響いている。

ふ、とキッチンの方へ目を向けると…

「お帰りなさい!」

肩甲骨まである髪をさらりと流して振り返ると、すっきりとした形の良い顎のラインに白い歯をこぼし、深いヘイゼルの瞳を細めて嬉しそうに微笑みかける彼女の姿が見えるような気がした。


Phone
続きを読む

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/03 23:53】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |