スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
拍手お礼(10月26日)+雑記
こんにちは。

大きな台風が幾つか去り、気温がガクッと下がってきましたね。
台風の被害、皆様がお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。

我が家は台風は問題ありませんでしたが、子寅1号が幼稚園から軽い風邪を持ってきて、それが私と2号に感染る…というのが毎回です。

10月20日と21日に東京ディズニーリゾートに行ってきまして、20日に読者のぺぺさんとhさんとお会いすることが出来ました。
(このお二人は私と別々でメールなどの遣り取りをしていくうちに、お友達だった!ということが分かったという経緯があります)
その日はシーに行ったのですが、先に中に入ったお二人はタワー・オブ・テラーのファストパスを取ってくださり、私と相方が乗りに行ってる間に子寅たちを見ててくださいました。
その上子寅たちと、一緒に行った友人の子供二人のハロウィンのお菓子まで…いやもう、本当に有難うございました!!
子寅たちも…意外にも上の子もお二人に懐いていたようで良かったですv
でもカン・マエの萌え話(笑)がちょびーーーっとしか出来なかったのが心残りなので、また是非お会いしたい!

いつか参加メンバーを募集して大きなオフ会を敢行したいな~とは思ってるものの、実現するのは難しいかも。。。

先日やっとこさ「のだめウィルス劇場3」をアップすることができました。
は~…もう、なんであんなに時間が掛かったんだろう…それは苦手な音楽シーンがちょっとだけあったから(苦笑)
他の方のようにカン・マエの指揮シーンを上手く描くことが出来れば、そういう描写も取り入れたかったんですけどね…私には無理でした(涙)


それでは続きからは拍手で頂いたコメントのお返事になります(#^.^#)
続きを読む
スポンサーサイト
【2014/10/26 23:29】 | 拍手レス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
のだめ・ウィルス劇場 第3楽章
こんにちは。
やっとこさ「のだめ・ウィルス劇場」が完成いたしました。
待ってくださっていた方も、「別に待ってないけどアップしたなら読んでやるか」という方もお待たせいたしました!

今回もベバの世界にのだめがやってきたのではなく、のだめの世界にカン・マエがお邪魔してるような形になっております。

そしてこのSSではラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が出てきます。

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ単調作品18

リンク先は辻井伸行さんのピアノ演奏です。

私はこの曲をのだめで知りましたが、クラシックファンには定番の、人気のある曲なんですね。
確かにベバに嵌り、クラシック番組を見るようになってから何回かコンサートで演奏されたり、テーマとして取り上げられています。
フィギュアスケートの選手もこの曲で踊る人が非常に多いんだとか。
ドラマティックな曲ですからねー。

ほんの少しだけ、第一楽章の始まりから説明いたしますと…

主題呈示部に先駆けてピアノ独奏がロシア正教の鐘を模した、ゆっくりとした和音連打をクレッシェンドし続けながら打ち鳴らし、導入部がついに最高潮に達したところで主部となる。(ウィキペディアより抜粋)

簡単に云うと最初はピアニッシモ(弱く)で始まる鐘(ピアノ)の音が徐々に強くなり、フォルテッシモ(強く)になったところでオケの演奏が入ります。
このSSではこの部分だけ理解して頂ければオッケーです(笑)

のだめのキャラからは…今回はこの方が初登場~♪

syutorezeman.jpg


フランツ・フォン・シュトレーゼマンです。
分かりやすいように人物解説入りの画像を挿入。
(すみません、どちらからか勝手に拾ってきました(;^ω^))

タイプでいうと明るく愛想のいい、ミョンファンのようなキャラクターです。
そして女好き。
でも音楽に対しては真面目だし、若い頃は滅茶苦茶勉強してたらしいです。
カン・マエと相対するミョンファンの中身は、この人をモデルにしたんじゃないかなーと思えます。

ドラマでは竹中直人氏が演じられましたが、やっぱり漫画のシュトレーゼマンのイメージが好きな私です。
変人(恋人ではない)が多いのだめの世界ですが、シュトレーゼマンものだめに負けず劣らずの変人…プププ♪
でものだめと違って、まともな変人です(どんなだよ…)。

他の初登場者は峰龍太郎(演:瑛太)と三木清良(演:水川あさみ)もチラッとだけ出てきます。

どうでもいいことですが、これを機にこのシリーズを「第○楽章」と銘打ちました。

それでは続きからドウゾ♪
続きを読む
【2014/10/16 21:09】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

 
お誕生日おめでとう!の映画感想。
10月8日はカン・マエ@キム・ミョンミン氏のお誕生日です。
42歳ですね。
少し早いですがおめでとうございます~!
とてもSMAPの中居君や私と同い年(私の場合は同じ学年)とは思えないほど、落ち着いた雰囲気をお持ちのジェントルです(笑)

さてお誕生日ということなので、ミョンミンさん主演の映画の感想を述べたいと思います。
作品は「私の愛、私のそばに」と「ヨンガシ」、「スパイ」の三本。
先日の記事にも書きましたが、私は感想文は大変苦手ですので期待はしないでください(;^ω^)

え?誕生日SS…ですか?
まぁ我が家のカン・マエは誕生日には照れ隠しからか、ルミを散々からかって膨れ面させた後、寝室で男の欲望を満たすだけなんで、皆様でご自由に想像くださいませ(笑)

続きからは大いにネタバレも含まれますので、これからこれらの映画を観ようと思ってる方は読まれないことをオススメします。
続きを読む
【2014/10/05 22:33】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。