FC2ブログ

dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

スポンサーサイト

Posted by 寅三吉。 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

「月齢14.77」あとがき

Posted by 寅三吉。 on   2  0

なんといいましょうか、今回はSSのすぐ後に余計なあとがきを入れたくなかったので、別記事としてあとがきを…。


「月齢14.77」は満月の月齢平均値のこと、です。
私のカン・マエのイメージって、月明かりに照らされるカン・マエ…なんです。
カン・マエのことを「太陽(ルミ)に照らされて輝く月(カン・マエ)」だと思ってるからかもしれません。
燦々と光り輝く太陽の下が似合う人じゃないですしね。

当初はカン・マエに「母親を殺そうとした」ことは告白させないつもりでした。
…が、果たして妻の「生みの苦しみ」を間近で見たカン・マエの心境はこの後どうなるのだろう…?と考えたら告白してしまいました。
恐らく罪の意識に苛まれるようになるのではないか、と。
そしてルミに告白をして、赦しを乞おうとするのではないかと。繊細で臆病な人ですからね……。

それまでのカン・マエは、ドラマで被災者代表に淡々と語った時点では然程「罪悪感」を感じてる風ではないと思えました。
何処か他人事のように語ってるような感じでしたよね。
なんなら「自分がそう思うようになったのは当然だ」と、まだ母親のことを恨んでいたかもしれません。

そんなこんなで「月光」並みに…いやそれ以上重いSSになってしまいました(汗)
最初はタイトルを「月光2」として書いていたんですが、それだとなんか情緒がないな~と思い、満月の別の云い方で…。

「誰も寝てもならぬ」はカラフ王子の決意に勇気を貰おうとして、カン・マエは流した…という感じです。
当SSのカン・マエは普段はあまりオペラの曲は聴かないことになってます。
カン・マエって虚構の世界にはあまり興味がないような気がして(笑)
一応クラシックの知識として聴いてるし、オペラに関しての教養もあるのですが。

さてSS内の「ルミから初めてされる、貪るような接吻」。
それまでルミからのキスははじめは軽くチュッとされて、その後はカン・マエリード…という感じでしたが、今回はルミリードで初めての激しいキッスでした。
当SSのルミはそういうことに関しては恥ずかしがり屋で奥手ですからね~。
ベッドの上でも未だに「電気消してください!」とか云ってますよ、とっくに明るいところでしっかり見られてんのに(笑)
そんなワケでちょいエロ小劇場♪

数分間、イチャコラ(笑)したあと、服を脱がせるカン・マエに…

「先生、電気…」

「もういいだろう」

「やです、消してっ!」

「今更だと思うのだが?」

「消してくださいって!!」

「嫌だと云ったら?」

「………今日はしません」

カン・マエ、ルミの下着の中に手を入れた後、眉毛と左口角を上げて…

「………こんなになってるのに?」

ルミ、真赤な顔して「馬鹿っ!意地悪!!」と云いながらカン・マエの厚い胸板を掌でバシバシと叩く…。


あーたまらん!
結婚して2年経つのに、全てを見られてるのに、色々と恥ずかしがる今更なルミを妄想すると堪らんっっ!!(鼻息荒)

誰かこういう嫁、私にください。

(…とまぁこういうあとがきを書くから、別にしたんですよ…馬鹿ですね…爽笑)


さて、次のSSは今夜アップします。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

-2 Comments

ran says..."ホルモンの悪戯"

寅三吉。さま   こんにちは

「あとがき」を待っていましたーーー!
でも、後出しじゃんけんみたいなコメになりそうなので
読んですぐにコメントをするんだったと、今になって後悔。

「月齢14.77」に初めは、キョトンでしたが、
こういうネットの世界がある時代でよかった!
「月光2」は、それはそれで良かったと思いますが
「月齢14.77」、、何て素敵なタイトルでしょう。

満月は不思議な日ですからね。
「月齢14.77」を検索して読んだ記事で満月について
次のように記されていました。
☆満月の日は、ホルモンバランスが崩れるためか、
 衝動的、攻撃的な感情が高まる
☆満月の日は、身体能力も増すようで、
 衝動的、突発的な感情によって、体もまた動きたい衝動にかられる。
・・・だそうです(笑)
マエストロの贖罪がホルモンの悪戯・・などと思っていませんが
幸せで十分の満たされたカンマエを感じると
「ホルモンの悪戯じゃないの~」と呟いてみたい衝動に駆られる(笑)

しかし、、「月齢14.77」の内容の本質は重いものでありますが
寅三吉。さまのエッセンスが超甘く感じましたがーーー
そして、ルミちゃんからの『喜びも悲しみも二人一緒』ーー
堪らないし、いい関係を2人が築いていることが
とても嬉しく感じます。

あとがきを読んで思ったのは、「生みの苦しみ」を間近で見たことで
告白をし、赦しを請おうと思うったというプロセスに超納得ですし、
だから、「今」なのだと感じました。

大切なお話読ませて頂きました。
有難うございます☆

2013.12.18 12:53 | URL | #0EjQUAK2 [edit]
寅三吉。 says..."Re: ホルモンの悪戯"
●ran様

いつも有難うございますv

あとがき、待っててくださいましたか。
いや、相変わらずのあとがきなので、すぐにアップするのは嫌だなぁ…と、中1日おいてアップしてみました。
後出しじゃんけんでも先出しじゃんけんでも(なにそれ)全く問題ありませんよ♪

タイトルはいつもは苦労してつけることが多いのですが、意外とすんなり決まりました。
こういう時、雑学好きでよかったなーと思います(笑)

> 満月は不思議な日ですからね。

> マエストロの贖罪がホルモンの悪戯・・などと思っていませんが
> 幸せで十分の満たされたカンマエを感じると
> 「ホルモンの悪戯じゃないの~」と呟いてみたい衝動に駆られる(笑)

そうなんです、満月の影響で告白することになった…という設定になっております、勿論カン・マエ本人は気付いておりませんが。
潮の満ち引きが月の引力により起こってるのと同じで、人間も70パーセント以上が水分ですから、何らかの影響を月から受けてると云われております。
満月の夜は統計的に殺人が多かったり、満月前後は何故か子供が生まれることが多い…と云われてますよね。
ホルモン云々は存じませんでしたが、満月の影響でカン・マエのホルモンが分泌されて衝動で告白したのかもしれませんね。

> 寅三吉。さまのエッセンスが超甘く感じましたがーーー

超、ですか!(笑)
自分では甘いとは思ってませんでしたが…でも確かに「月光」は書くのが結構辛かったんですが、こちらの方は然程辛くありませんでした。
逆にいうとこれは書いておかないといけない、この告白を乗り越えて「本当の夫婦になった二人」を描写しないといけない…という気持ちの方が強かったです。
こんな自分を受け入れてくれるルミを、今まで以上に大事にしよう(ツンデレなりに)…と思ったカン・マエでした。


> あとがきを読んで思ったのは、「生みの苦しみ」を間近で見たことで
> 告白をし、赦しを請おうと思うったというプロセスに超納得ですし、
> だから、「今」なのだと感じました。

納得して頂けて幸いです。
きっと出産に立ち会わなかったら、一生この闇を独りで抱えるつもりだったのだと思います。
我が家のカン・マエはまた一つ、人間としての階段を上りました(笑)

こちらこそ読んでくださり、有難うございました!
2013.12.18 23:29 | URL | #m9hpFNiU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://deptstoreannex.blog.fc2.com/tb.php/224-ffcd9a88
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。