FC2ブログ

dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

Profile

寅三吉。

Author:寅三吉。
色々と「萌え」の多い人生。
そして現在韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの妄想をする楽しい日々を過ごしております。
そのありえない妄想をこのように形にしております。楽しんで頂ければ幸いです。

初めてお越しの方は下の「カテゴリ」の「はじめにお読みください」を読んで頂けると有難いです。

FC2 Blog ranking

Counter

↓気に入られたらポチッと!

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ

Search form

QRcode

QR

「誰も知らない」あとがき+拍手お礼(1月8日) 2014-01-08-Wed

「たかじんさんが亡くなられましたが…大丈夫ですか?」とメッセージを頂きました。
お気遣い、心より感謝いたします。
私は大丈夫です。
あの人は恐らく長生きしないだろう…と常々思ってましたから。
お酒の呑み方とか滅茶苦茶な人でしたからね(苦笑)
たかじんさん本人も「俺は50歳くらいで死ぬんだと思ってた。石原裕次郎や美空ひばり、マイケル・ジャクソンのような天才と云われる人は50歳くらいで亡くなってるから。でも俺はまだ生きてる…めっちゃ凡人やった(笑)」とよくジョークとして仰ってました。
それにやりたいことはまだたくさんあったでしょうけど、後悔はしてない生き方をされた方だろうと思います。

たかじんさんと懇意にされていた宮根誠司さんは今日ご自身の番組で「こんな風に黙って逝くなんて…水臭い、酷い」と仰ってましたが、たかじんさんは弱ってる姿を誰にも見られたくなかったんだと思います。

私としてはたかじんさんの生歌を4回も聴きに行けたことが最高の思い出になりました。
そのうち一回は1階の最前列で…あんなに至近距離で彼の歌を聴けた私は幸せ者です。
2008年に行った大阪でのイベントコンサートでは、私の大好きな曲「明日になれば」のサビ部分をマイクなしの生声で聴いた時は全身鳥肌が立ちました。
勿論、もっともっと聴きに行きたかったんですけどね…。
前回一緒にコンサートに行った友人たちとも「65歳記念でまたツアーやるらしいから、今度も行こうね~!」と約束していたので残念でなりません。

こんなところでなんですが、最後に天国?のたかじんさんにお礼を…。

あなたのお蔭で当ブログのSS、「夢見る男のために」と「午前二時のモノローグ」が出来ました。
あなたの歌が、あなたの素晴らしい歌唱力がなければこのSSを思いつくことはありませんでした。
本当に有難うございました。
これからも私はやしきたかじんのファンで居続けます。

一ファンとして心よりご冥福を申し上げます。



ベバSSブログなのに関係ないお話でごめんなさい!
畳んだ先は「誰も知らない」のあとがきと、コメントのお返事になります。





「誰も知らない」あとがき

もうだいぶ前に…確かルミが元彼と会うSS「Je te Veux」を書いた後あたりに、「あの男は、こんなルミの姿は知らない…」と独占欲を沸かせるカン・マエを思いついて、いつか裏のSSのモノローグに書こうと考えててメモにちょこっとだけ書きなぐって放置してました。
それを少し前に発見しました(笑)
そんなわけで表現を和らげ?て表にアップ。

我が家のカン・マエはアチラの方も「凄腕」です。(拙作「Top Secret」に出てきたエリザベスに若い頃、女の身体のAtoZをご教示してもらったコトになっております)
だからルミさんの身体は開発されまくって大変なことに…!!(爆)
きっとねー楽しいと思うよ…女性としての悦びを知らなかった恋人を、少しずつ、時間をかけて開発していく男としての悦び…。
マエストロ、ルミを「悦楽の最高峰」へと向かわせるのに1年ほどかかっております。
実際そこまで行かせるには時間がかかるらしいです。
エロ漫画とかで初めてなのに奥を突かれて「イく~v」ってのは大嘘なんですね(表だから、こっち!!)。

SS内の「香り」が変わる、というもの。
以前読んだエッセイ漫画にそんなことが書いてあり、「へ~!」と思ったものです(相変わらずなんちゅーものを読んでいるんだ…自分…)。
日本人男性が欧州の方に行き…確か元ソビエトだった国だと記憶してますが、ホームステイをしたんですね。
ホームステイ先の家主の男性は出張だか出稼ぎだかで不在で、家には奥様だけ(子供は居ない)。
長い間伴侶が居ない所為か、男性はホームステイしていた間、毎晩のように求められたんだとか(笑)やっぱあっちの女性は強いわ~…!
で、何度目かの情事の時、奥様が達した後にお花から漂う香りがチーズっぽいものに変わることに気付いたんだそうです。
向こうの人は体臭が強いのでそういうのも顕著に表れるのかも知れませんが、もしかすると東洋人もそういうことがあるのかな…と思いました。
我が家のルミはホンの僅かに香りが変わるだけなんですが、カン・マエは匂いに敏感そうなので(笑)気付いたことになっております。


続いては拍手、投稿に寄せて頂いたコメントのお返事です。


●じゅん2様

コメントと年末のご挨拶をくださり、有難うございました!
拙作でキュンキュンして頂けてるようで何よりです(^-^)
韓流ドラマファンの方でベバを知らない…なんて、きっとモグリですよ、モグリ!(韓流ドラマのモグリって何…)
というか韓流ドラマは「胸キュン」なものが人気みたいなので、そうなるとベバって微妙ですものねー(苦笑)
ベバの場合「胸キュン」が「胸板」(カン・マエの)だし…。

綺麗なエロさ、と仰って頂けて嬉しいです!
エロの表現は難しくて毎回試行錯誤ですが、裏はあと数本残ってます。
時間はかかるかも知れませんが、アップしたいと思ってますので少々お待ちください。

こちらこそ今年もよろしくお願いいたしますv


●ラム肉様

コメント有難うございますv

はい~とうとう我が家の馬鹿ップルにも子供が生まれてしまいました(笑)
案の定?、カン・マエは娘を溺愛しますよ♪

またはじめから読んでくださったとのこと…そう云って頂けると嬉しくて天にも昇る気持ちになりますv
今年もよろしくお願いいたします!


●みどりん様

新年のご挨拶を下さり、有難うございますv
みどりん様のお口がだらしなく開いてしまうような(笑)SSをアップ出来て、良かったですv
今後アップをするお話は、もうそんなラヴラヴイチャイチャしてないのですが…。
あ、裏の方はイチャイチャどころじゃありませんね。
そちらはみどりん様に悶えまくってもらえるようなお話を書ければ…と思ってますので!

こちらこそ今年も宜しくお願いいたします!


●オパール様

丁寧に年末のご挨拶を下さり、有難うございますv

体調はもう回復されましたか?
年末年始はバタバタしたり、気が緩んだりで体調を崩される方が多いですよね。
どうか無理なさらず、お体ご自愛ください。

拙作でトキメキの世界にお誘いできたようで何よりですv
元はハードボイルドな作品ばかり発表していた私が、まさかこんなラヴラヴイチャイチャしてる二次を書くことになるとは思っておりませんでしたが(笑)
私としても新しい境地を開拓した気分です。
どれもこれもカン・マエ演ずるミョンミンさんの大胸筋の所為です!(演技じゃないのかよ!笑)

オパール様ご一家も新しい年が素敵な1年になりますよう、心よりお祈りいたします。
生きてると悲しいことも辛いこともありますが、そんな時は素敵なカン・マエ×ルミ妄想で乗り切りましょうねv
今年もよろしくお願いいたします。


●リズ様

いやー…実はリズさんの拍手コメでたかじんさんの訃報を知りました(爆)
PC立ち上げて、メール受信して…「ん?まさか…たかじんさん、鬼籍に入った?」と某SNSのニュースを見たら、あれまぁ…と。
上にも書きましたように、あのおっちゃんは長生きせんやろうな~…と思ってたので、「やっぱり…」と思った次第です。

大好きなタレントさんですが、私とは別世界の方だと思ってるのでさほどショックは受けてません。
少し長患いされてましたしね。ポックリだったらショックだったかも…。
優しいお心遣い、本当に有難うございますv
リズさん、大好きv(どさくさに紛れて告白)





そして久々に叔母バカトーク。
以前姪っ子が弾くピアノが凄い!と書きましたが、なんと先月末、東京で開催された全国大会のコンクールに出場しまして…。
流石に1位は取れませんでしたが、ベスト20に入賞したそうです(小学3・4年の部は70数名の参加者あり)。
コンクール会場では残念ながら写真や動画を撮れなかったそうなので、その時の演奏は見れませんでしたが。

兄貴と嫁さんは「お金が掛かってしゃーない…」と嘆いております(苦笑)

ピアニストは無理でも、ピアノの先生とかになれればいいねぇ~なんて話をしておりましたが、当の本人は別にピアノを生業にする気は今のところないようです。
まだ小3ですからね。

「ショパンの木枯らしを弾いてもらおう」という私の野望はそのうち達成されるかもしれません(笑)

スポンサーサイト

CATEGORY : まえがき・あとがき Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 創作作業、停滞中のお知らせ | ホーム | 2014年が始まりました。 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |