FC2ブログ

dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

スポンサーサイト

Posted by 寅三吉。 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

続・バレンタイン笑劇場

Posted by 寅三吉。 on   8  0

「チョコの季節です。」に書いたバレンタイン小劇場の素敵な続きを、リズ様より頂戴いたしましたv
リズ様より掲載許可を頂きましたので、皆様にもお披露目したいと思います。

小劇場の時期はカン・マエとルミの子供が3歳の時の出来事になります。






リズ様作 バレンタイン笑劇場



夕食後のひととき、リビングのソファで新聞を広げるカン・マエに、3歳になる娘、ミウが小箱を抱えてやってきた。

「おとうしゃま」

言いつつ、隣にちょこんと座り箱を開ける。

「ん?」

答えつつ新聞をとじて娘に目をやると

「???!!」

思わずぎょっとすることには、娘はチョコをくわえてニコニコと顔を突き出すではないか。

「ふわいvv」

母親とよく似た二重まぶたをこの上もなく嬉しそうに細めながら、さらに父親に近づこうと背を伸ばす。

「な・・・っ、何をいったい・・・?」

しばらく言葉に詰まりただ瞬くだけだったカン・マエはようやく気を取り直すと、娘の口元からチョコを取り上げた。

「と・・・とりあえずチョコはまだだめだ。子供のうちからこんな甘いものを・・・」

「でも、おとうしゃまにチョコエートをあげる日だってママが言ってたよ?」

「だからと言って、そんな風にくわえる物ではないぞ」

「だってママが言うの。『おとうしゃまには、こうして差し上げるとよころびますよ』って」

「ミウ・・・『よころびます』じゃなくて『よろこびます』だ」

本題からずれつつもそこはきっちりと注意するカン・マエである。

「はい!」

ニコニコと頷きながらもミウはやはりチョコが気になるようで、

「そのチョコエートはどうするの?」

と、父親が指で持つチョコを見る。

「これはだな・・・」

としばらく考え込み、

「では、お母さんが一番喜ぶ方法でお父さんからお母さんにあげることにするから、ミウはまずすぐに歯を磨きなさい。ほら、もうそろそろ寝る時間だぞ」

とうながし、娘の手から箱ごとチョコを受け取った。

「おとうしゃまにあげる日なのに、ママに返すの?」

と素朴な疑問に首をかしげる娘に、

「どっちにしても同じことになるんだ」

と、謎かけのような返答を返すと、彼は「ほら、歯磨きだ」と立ち上がり、娘の手をとって洗面所に向かった。


Das Ende





リズ様!
素敵すぎる妄想をどうも有難うございましたvvv

頂いた非公開コメントでは娘の名前がリズ様のところの「ジア」ちゃんになっていたのですが、こちらに掲載するに当たり「ミウ」に変更させていただきました。
文章は微塵も替えておりませんので(読みやすいように改行はさせてもらいましたが)、「ミウ」の部分を「ジア」に脳内変換して頂いてリズ様宅バージョンをお愉しみ下さいませ。

それにしてもルミ…娘に一体何を教えてるんだ~!
…でもやりますよね…ルミなら…特にウチやリズ様のところのルミなら「こうするのよv」と目を瞑った表情付きで教えちゃいますよね…(苦笑)

因みに当二次のカン・マエも娘が小さいうちにチョコを食べるのはやはり嫌がります。
ルミが時々あげたりしてると「チョコは虫歯になるし、カフェインが入ってるから駄目だ!」と注意してそうです。
神経質ですからねー(笑)

そして気になる「ルミが一番喜ぶ方法」は……
やっぱりカン・マエがチョコを唇に咥えてあげるのか?
それともしっかりと噛み砕いてからのマウス・トゥ・マウス?
ルミならどっちも「よころぶ」でしょうけど♪
スポンサーサイト
寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

-8 Comments

ran says..."スペシャルを有難う!"
寅三吉。さま

こんにちは。
お住いの辺りでは雪の影響ございませんでしたか?
さて、、ステキなお話を このような形で公開してくださり
有難うございます。

はははは(笑)
こういうのっていいですよね♪
「Fin.」を刻んだリズさまが、寅三吉。さまのお部屋で妄想を繰り広げる~
その関係にキュンってしちゃうんですけど(笑)
また、変なツボで申し訳ないっ♪
スペシャルな形なのでしょうが、お互いに「いい」「いいよね」みたいに
感じあえるって素晴らしいと思います。

では、少しお借りしますね~
リズさま、、、こんにちは
クスッと笑えるお話ありがとうございました。
思わず私も「ある、、ある、、あり得る」と思う1人です。
寅三吉。さまの「チョコ」がリズさまの「チョコ」に繋がる。
こういう形もいいよね、、としみじみ思いました。

いや~色んな意味でスペシャルなものを見せて頂きました。
寅三吉。さま、リズさま、、有難うございました。







2014.02.16 16:32 | URL | #0EjQUAK2 [edit]
寅三吉。 says..."Re: スペシャルを有難う!"
●ran様

笑劇場にまでコメントをくださり、有難うございますv

お陰様でこちらは雪は全く問題ありませんでした。
14日の朝はかなり降って幾らか積もりましたが、昼には上空に暖気が入り雨になったので夜には積雪はシャビシャビに(笑)
ran様のお住まいの方は大変でしたね。
一番寒い時期はもうすぐ終わるので、もう少しの辛抱です!(…のはず)

> 「Fin.」を刻んだリズさまが、寅三吉。さまのお部屋で妄想を繰り広げる~
> その関係にキュンってしちゃうんですけど(笑)

有難うございます。
お陰様でベバブログの運営されてる皆様とはran様も含め、お互い刺激し合い、とてもいい関係を築けてるなぁ~としみじみ思っております。
リズ様も粋なことをしてくださいます。
コメントを頂いたときは思わず顔がニヤニヤニヤニヤ…としてしまったほどです(笑)

私も「Fin.」と刻んだとしても、なんだかんだで妄想をしてしまいそうな予感があります…。
現に私の中では二人の物語の最終幕はすでに出来上がってるのですが、妄想につながる何かを見聞きするとついつい妄想がスタートしてしまいます。

ran様のツボを刺激できたようで何よりです♪
2014.02.16 21:28 | URL | #m9hpFNiU [edit]
リズ says..."ありがとうございます~vv"
寅三吉。様
ミョンファンは、リズです。このたびはこのような形で、私の妄想をオモテに出して下さって本当にありがとうございます!
寅三吉。様のお話を読みにいらしている読者の皆様には申し訳ありませんでしたが・・・(汗)
でもね!
でもどうしても、あのルミのチョコをくわえて「ふぁいv」ってしたのが、もうもんどりうって転がり回るくらい可愛かったので(実際読んだとたん拍手コメントで「ルミルミ!可愛いよおお!ルミ可愛い~~!」とひたすら萌えの叫びを送った私でしたから)、もう、カン・マエもそんな渋い顔してないで素直にデレればいいのに!と思ったら「愛娘」バージョンが浮かんでいましたの。ほほほ。
いや愛娘バージョンでもデレなかったけれどもね!(笑)

寅三吉。様、「笑劇場」として掲載してくださり、本当にありがとうございますvv

そして、ran様v(寅三吉。様、コメント欄お借りします)
リズへのコメントも頂きありがとうございました~。
自ブログでは「fin.」してみたけれど(「オフってきた」に続く二次ブログ用語、「fin.してみた」)、こんなにも萌えルミ、萌えマエのシチュを頂いてしまうと、なんというかいじりたくなってしまうんですわ、このカップルv
その上、寅三吉。様も「はっはっは!」って笑って受け止めてくださるので、ついつい妄想を送ってしまった次第です。
ran様や他の読者の皆様にも、少しでも楽しんで頂けたのでしたら、嬉しいですv
(だけどほんとに、寅三吉。様のブログの場所を頂いてしまって、それは申し訳ありませんでした)

ではでは。
うちは子供が微熱続きで少々ばたばたした週末です、寅三吉。様も、皆様もどうかお気をつけくださいね~。
長々と失礼しました。


2014.02.16 22:02 | URL | #2er0zPNY [edit]
寅三吉。 says..."Re: ありがとうございます~vv"
●リズ様

ミョンファンは!
こちらこそ…この度は素敵妄想を本当に有難うございましたv
もうね、ホントにね、拝読したとき江頭みたいなすっげー気持ち悪い顔でニヤついてたと思われますよ(笑)

きっとマエストロも溺愛妻にそっくりな娘にあんなことされたら、流石に吃驚はしたけど、思い出すたびに左口角をあげるんでしょうね~v
そんでもって娘が中学くらいに反抗期になったら、「昔はあんなに可愛かったのに……」と仕事部屋で独りため息交じりにションボリするんですよ♪

> もうもんどりうって転がり回るくらい可愛かったので

拙文でもんどりうって転がってくださり(気持ちだけでしょうけど)嬉しいです。
は~…だってルミ、可愛いですからね。
なんなんでしょうね、イ・ジアさんは育ちもアメリカですしああいう顔立ちなので本来はキリッとした性格の方だろうとは思うのですが、ルミってなんだか天然、鈍感、というイメージが私には強くて…。
ルミをジアさんが演じてなかったら、恐らく二次を書くほど嵌らなかったと思います。

私の方もそろそろ「fin.」しないと……と思っているのですが、なかなかどうして名残惜しいのか、新たな妄想が湧いてしまっております(苦笑)
しかも今まで私の中ではあり得なかった別バージョン再会編なんて妄想も出てきちゃったりなんかしちゃったりして…(滝汗)

子供さんの熱は大丈夫ですか?
微熱ということはインフルではないのですね。
でもご家族に病人が出ると…旦那はともかく(笑)、子供が病気になるのは精神的にキますよね…。
リズ様一家が早く元気になられますように!
我が家は小さい頃は体が弱いと言われているメンズだというのに、めっちゃ頑丈です。
でも幼稚園に行き出したらもらってくるんだろうなー。。。

こちらこそ掲載許可を下さり、有難うございました!
リズさん、萌え~!アイラッビュ~~~ンv
2014.02.17 21:03 | URL | #m9hpFNiU [edit]
リズ says..."ひとこと!"
別バージョン再会編、カモ~~~ンvvvv

 
2014.02.17 22:33 | URL | #2er0zPNY [edit]
寅三吉。 says..."(滝汗)"
いや~…こっちの再会編は再会するまでの内容が酷いんです…(汗)
ドラマラストから4年後、ルミは男と付き合ってはすぐ別れ…を2回し(しかもしっかり関係した後)、カン・マエはルミに男が出来たと知ったショックで昔のように女を千切っては投げを繰り返し…。
カン・マエ×ルミファンの皆様には「そんなのイヤ!」と云われること間違いないので、自分の頭の中の妄想だけに留めておきます(苦笑)
2014.02.17 22:51 | URL | #m9hpFNiU [edit]
ran says..."ひとこと!+呟き!"
別バージョン再会編、カモ~~~ンvvvv

(リズさま お借りしました☆彡)


「カン・マエ×ルミファンの皆様」の1人である私
「そんなのイヤ!」などと申しません、、、、
私は、、、と個人的な好みを話す場ではありませんが
二次小説を愛する人の中では守備範囲が広いタイプなので
そんなシチュエーション、かなり好きです~

とは言うものの、やはりオーナーさまが書かれた大切な作品を
読ませて頂く立場の人間ですので、、、
「お待ちしています」
いや「密かに、そっと、じっと、お待ちしています」

いつものことながら変なコメになりそうですが
寅三吉。さまとリズさまのコメのやり取りが非常に読み応えがありました。
「fin.」しても、ベバの妄想は永遠。
でも、いつかは脳内からベバが薄まるのかしら、、、
なんかね、「fin.」しても、ベバを想えることっていいですよね。
やり残しとか、想いが残るとかじゃなくて、やっぱりベバというドラマの
素晴らしさなんだと思ったりしています。

少々、お借りしますね。
リズさま
お返事ありがとうございました。
お子さま、お大事になさってくださいませ。
そして、リズさま、、「fin.」しても、ベバの妄想は永遠ですから~

お邪魔しましたーーー♪



2014.02.19 00:17 | URL | #0EjQUAK2 [edit]
寅三吉。 says..."Re: ひとこと!+呟き!"
●ran様

リズ様に引き続き、「カモ~~~ンvvvv 」コールを有難うございます(深々とお辞儀)

いや~……そんなこと云われてしまうと、豚もおだてりゃなんとやら…で調子に乗って木に登りまくってしまいますよ(苦笑)
でも今まで書いてきた二次と比べるとイメージが本当に違うので…現在の二次はルミがかなり天真爛漫に描かれてますが、別の方はどちらかというとドラマ後半の、思慮深いルミになってる感じです。
ですからネット上に晒すのであれば別ブログで書こうかと考えてます。
その時はお知らせいたしますね。

どちらにしろとりあえずこちらの二次をきちんと終了させたいと思ってます。

リズ様とはコメント欄でもそうですが、メールはそれ以上に楽しいことになっております(笑)
年齢も近いようですし、オタク話がある程度通じる方なので本当にありがたいです。

「fin.」しても妄想は永遠…本当にそう思います。
ベバのドラマはファンにとってはいつまでたっても色褪せないものですから。
2014.02.19 12:52 | URL | #m9hpFNiU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://deptstoreannex.blog.fc2.com/tb.php/239-b9f3e8df
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。