スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
Top secret -After a party-
お久しぶりのR-15でございます。

裏の方よりこちらの方が先に書けてしまいました。
(裏を愉しみにされてる方、申し訳ございません。もう少々お待ちください)

「Top secret -7days after-」のパーティ後の二人です。
※こちらも読んでいただけると、より楽しめるかもしれません(笑)→ 「Top secret」





ミュンヘン中心街の中でも更に中心に位置する一流ホテルの最上階の部屋で、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者であるマエストロ・カン・ゴヌことカン・マエは、体重のすべてをソファに預けるように座っていた。

昨夜は定期公演であったし、先ほどまでミュンヘン・フィルが主催したパーティに出席しており、したくもない愛想笑いを振り撒いていた彼は疲れたようだ。
何より彼にとってこれ以上ないほどの懸念であった、昨日のコンサートで共演したヴァイオリン・ソリストの女性がやっと明日帰国するので一安心しているところでもある。

今夜、彼はこのホテルのスイートルームに1か月後に入籍する予定の婚約者と宿泊する。

婚約者であるトゥ・ルミは部屋に入るとすぐに「シャワーを浴びてきます」とバスルームに籠っていた。



Top secret -After a party-


カン・マエは一息吐こうと立ち上がり、冷蔵庫の中のフルボトルの赤ワインを取り出した時、バスルームからドレス姿のルミが出てきた。
とっくにシャワーを浴びてるものだと思っていた彼は怪訝な顔になる。

「なんだ、まだ浴びてなかったのか?」

「後ろのホックに髪の毛が絡まってしまったみたいで…」

「うん?」

「すみません、先生、ホックから髪を取ってもらえますか?」

そう云いながら後ろを向き、先ほどまで綺麗に結ってあった髪を右手で束ねて前方に寄せる。
カン・マエは数秒をその姿を上から下まで舐めるように眺めた後、ゆっくりとテーブルへと歩み寄りワインを置くと彼女の後ろに立った。

ルミの首の後ろに位置している濃紺のハイネック・スリーブ・ドレスのホックには、彼女の項から伸びている数本の後れ毛が絡んでいたので引っ張らないように丁寧に解いてやる。
無事に解くとホックに指を掛けて外し、そのままジッパーも下してやった。

「あ、すみません…」

彼の長い指は今度はブラジャーのホックにも指を掛ける。

「それは自分でやりますから…」

「………」

彼は無言のまま外し、次は中に滑り込ませるように両手を開かれた背中に入れ、するり、と手際よくブラジャーとドレスの上半身を脱がせた。

「もうっ…だから」

不服そうな顔で振り向いたルミのその唇を、カン・マエはすかさず自身の唇で塞ぐ。
彼女の肩に置かれていた彼の手は滑らかな肌を伝い、胸の膨らみを優しく弄り始めた。

「ん……」

濃桃色に色付いた蕾の先端を優しく擦ると、キスをするルミの唇の端から小さな声が漏れた。
しつこいくらい愛でてやると程なくした頃には些か息が荒くなり、

「ふっ…んぅっ……んンっ…!」

と甘い囀(さえず)りに変わっていったので、彼の右手はするすると彼女の下腹部へ移動する。
ルミは唇を離した。

「…先生…シャワーの後で…」

「夏じゃあるまいし…汗もそうかいてないだろう、構わん」

彼女を背中から抱いたままベッドへと誘い、腰に引っ掛かっていたドレスを多少強引に引っ張って脱がせた後、体をシーツに横たえる。
華奢な体の上にのしかかるようにカン・マエは四つ這いになり――するといつもと何かが違うことに気付いたので、彼女の脚元へ目をやると思わず眉を顰めた。
ルミはガーターベルトを着けていたのだ。

「これは……」

カン・マエはストッキングを吊っている紐を指で摘まんだ。
ガーターベルトという存在は知ってるものの、このように触れるのは初めてらしい。
当然ながら装着したこともなければ外したこともないので、どうしたらいいのか分からないカン・マエだ。

「こんなの履いてたらトイレの度に脱ぐのが大変じゃないのか?」

「あ、下着はこのガーターベルトの上に穿いてるんです」

「上に?」

よくよく見てみると確かにガーターベルトの上にショーツを装着していた。

「購入したところの店員さんに『これが正しい着け方で、この方がお手洗いの時以外にも色々と便利なんですよ』って云われたのでそうしました」

「色々と便利…」

「はい。
 でも何が“色々と便利”なんですかね?」

「………」

「………」

「―――」

暫く二人は見つめあったまま、ルミは小首を左右に数回傾げ…

「………あっ!」

どうやら気付いたのであろう、驚いたような顔をするルミにカン・マエは左頬と眉尻を上げたあの独特な笑みをこぼした後、

「やっと気付いたか。
 つまりは…こうするのに“便利”ということだろう?」

と彼女の腰を浮かせて素早くショーツを脱がす。
婚約者の白い肌に、黒に赤い花柄があしらわれたガーターベルトと黒ストッキングは非常に映え、カン・マエは思わず目を細めた。
そして脛(すね)に右手の中指と薬指を宛がい、ゆっくりと腿の方へと這わせて紐部分に到達する。
更に上へと移動させて彼女の薄い茂みに指を沈めると、彼女の右頬に顔を寄せて軽くキスをし…

「……こういう趣向も、たまには悪くないな…」

とルミの聞こえていない右耳に小さく呟いて可愛い耳朶を甘噛みするのだった。


Das Ende





スクロールするとあとがき




























カン・マエロストロの登場でした(笑)

疲れていてもそれとこれは別のようです。
甘いものは別腹なんですね、ソンセンニムったらv
以前書きましたが、殿方というものは疲れていると矢鱈とシたくなるものらしいですし……我が家のカン・マエは欲望に大変忠実なのであります。

元々ガーターベルトを着けたままする、という妄想は当の昔にしてたんですがSSにするほどでもないか…と書いておりませんでした。
が、オフ会の時にガーターベルトの話になり、チップ様より「あれは下着(ショーツ)を上に履くらしいですよ」とお聞きしまして。
聞いた途端、一気に妄想スタート!となったSSです(笑)
チップ様、その節は本当に有難うございましたv
雑誌や通販などに載ってるガーターベルトの下にショーツ…という画像は、ガーターベルトのデザインを見せるためにああしてショーツを下に着て写してるんだそうです。

そしてペペ様に(いつも有難うございます)「カン・マエがあのドレスを選んだのって、後ろのホックとジッパーを自分が下すためじゃないですか?」と「7dayst…」をアップした時点でメールで頂いていたので、その描写を入れてみました。


ルミさんのガーターベルトはこんな感じですv

40ptj793ml.jpg


可愛らしいデザインを好む当二次の彼女にしては、ちょっと大人っぽいデザイン。
もしかしたら「こういうのだったら、先生好きかな…(ドキドキ)」とカン・マエを挑発するために買ったのかもしれません。

因みにドレスはこんなので…。

red_hinec.jpg


SS内のものは色は濃紺で肩はもう少し布で隠れてますし、スカート部分はこんなにタイトじゃありません。
「7days after」をアップした時、参考にした画像あったんですが…今回見つけられませんでした(´・ω・`)
スポンサーサイト

テーマ:二次創作:小説 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/22 22:22】 | ベバ二次小説 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<雑記「トゥ・ルミッシの秘密」 | ホーム | 拍手お礼(2月18日)>>
コメント

寅三吉。さま   こんにちは

いや~勉強になります。
ガーターベルトの正しいつけ方に、「へーーー」と感心しています。
また、それをご存じのチップさまって、、、凄い。

「当然ながら装着したこともなければ外したこともないので、
どうしたらいいのか分からないカン・マエだ。」に
カンマエでも、どうしたらいいか分からないことがあるのねと
少し嬉しかったりしています。
学生時代に友人の彼氏でもあり、私の部活の先輩に
「フロントホックのブラの構造を教えろ」と凄まれた事が有り
「この人、外せなかったんだ」と密かに心の中で笑った酷い私です。
とても素敵な先輩だったのに、「なんだったらお前のブラで練習させろ」的な勢いが有り
余程、外せないことが悔しかったのだろうと「ざまーみろ」と思いました。
へへへ(笑)
そんな事を思い出し、カンマエにも経験のない事にHITした私です。

で、「当然ながら装着したこともなければ」に、有ったら大変よと思いながら
愚息が見ていた凄い昔の年末の「ガキ使」のDVDをボーっと観ていたら
浜田さんがナースの格好をなさっていまして(笑)
何かの拍子にスカートがまくれ上がり、つけていたガーターベルトを目にしました。
はい、、、間違ったつけ方をしていました!
でもさーーー男の人の場合は「さて、、、」と(笑)
何とかなるんじゃないかと1人でニヤニヤして愚息に不気味がられました。
すみません、、、こんな感想で。

ところで、少々、個人的な話でスミマセン。
公開しないのにボロボロ話す私の書いたベバ二次作文ですが
2人の結婚式後にウエディングドレスを着たルミちゃんのアクセサリーに
髪の毛が絡みつき、カンマエに外させて襲わせました(笑)
「シャワーを浴びたい」というルミちゃんに「浴びなくていい」と
カンマエに言わせたのですが、私の力不足でイマイチだったんですよね(笑)
自分が完成できなかった妄想のシーンと重なり、すごーく満足しました!

長文の割に、中身のないコメントで失礼しました。



【2014/02/23 19:55】 URL | ran #0EjQUAK2[ 編集] | page top↑
●ran様

お忙しい中コメントを有難うございます!

私も存じませんでした(笑)だからオフの時に「ガーターベルトをしたままのネタがあるんです」と云ったら、
「ショーツはどうなるの?」
「紐という設定なんです」
「ショーツはベルト上につけるものなんだそうですよ」
とお聞きし、ものすごい衝撃を受けました(笑)
チップ様は色んなジャンルの雑学に詳しいご様子なので、それでご存じだったのかもしれません。

>「フロントホックのブラの構造を教えろ」と凄まれた事

そのご友人の彼氏さん…何故よりにもよってran様に…?!
普通は彼女とは接点がない人に教わるモノでは……(笑)
それだけran様が色々と信頼できる、ということだったのでしょうか。
フロントホックはどう外していいか、確かに男性には分かり辛いことでしょう。

カン・マエは今までお付き合いしてきた女性(カラダだけも含め…)は積極的なイメージがあるので、ガーターベルトをしていても自分からサッサッと脱いでコトに及んだか、最初から「今日はこのままよv-238」とベッドの上でカン・マエを誘ったのかもしれません(笑)

「笑ってはいけない」では近年、浜ちゃんが女装するときはガーターベルト装着のようです。
去年末の「地球防衛軍」もガーターベルトを装着して笑わせておりました(笑)あれは反則だわ~。。。
http://blog-imgs-50.fc2.com/n/i/t/nitosokusinn/1wertyytrwerty.jpg
↑参考画像。
それにしてもran様が「凄い昔の」と書いてあったので「病院ってそんなに前のだっけ?」と調べてみたら、もう7年前のか…
因みに「笑ってはいけない」シリーズは購入したりアレをナニしたり…で全てDVDで持っております(笑)
私的には本当に初期のころの「温泉宿一泊二日の旅in湯河原」と「ハイスクール」が面白くて、腹を抱えて笑いました。…ってどうでもいい話でごめんなさい(苦笑)
それにしても「笑ってはいけない」を視聴されてるなんて、ちっとも愚息じゃありません!素晴らしいです!!


> 2人の結婚式後にウエディングドレスを着たルミちゃんのアクセサリーに
> 髪の毛が絡みつき、カンマエに外させて襲わせました(笑)
> 「シャワーを浴びたい」というルミちゃんに「浴びなくていい」と
> カンマエに言わせたのですが、私の力不足でイマイチだったんですよね(笑)
> 自分が完成できなかった妄想のシーンと重なり、すごーく満足しました!

ran様がそのような妄想を…!
いやーどこのマエストロもルミに対しては大変エロくて嬉しいです(笑)
カン・マエは恐らくルミの匂いが大好きなので、そんなこと気にしないんですよね。
ルミが居ない時は枕の匂いを嗅ぎながら寝付いてるのかもしれません(爆)
私の拙い文章で満足して頂けて、幸いです♪

中身、なくなんてないですよ~!
どんなコメントもいろいろと刺激になりますので、これからも思いついたままのコメントを投稿してください!
【2014/02/23 21:29】 URL | 寅三吉。 #m9hpFNiU[ 編集] | page top↑
こんばんはm(_ _)m
こちらから失礼致します。寅三吉。様何度もご迷惑おかけしました。無事開通致しました♪ 読む前にお礼をと思いm(_ _)m
いーのかしらこんなカン・マエ(≧∇≦)とニヤリムフフで読ませて頂きます♪あー楽しみ♪♪
しかし、本当に何故だったのでしょう⁈
色々操作してみたり調べたりしたのですが全くでした。 結果、寅三吉。様のお手を煩わせてしまいただただ申し訳なく思います。

こちらのお話も読ませて頂きました。
ガーターベルトの仕組み?がわかりました(^^) ルミさん天然大胆ですねー。そこがまたカン・マエには大いなる魅力なんでしょうね。
ドラマでは二度と見れないと諦めていた「その後」が見れて本当に嬉しいです♪♪
プロローグの燕尾の背中の所からハマりましたが、ただ1つ不満というか気になったのがまさにラストの「その後」。せめてあと10分と何度思ったことか…ですから本当に嬉しいです。 これからもお邪魔させて頂きたいと思いす。 宜しくお願い致しますm(_ _)m
【2014/02/24 00:02】 URL | ジェニィ #-[ 編集] | page top↑
●ジェニィ様

こんばんは!
よかったです~無事に届いたんですね…ホッとしました(汗)
auは…私もauなんですが、メールが届かなくても「届かなかったよん♪」というメールが来ないんです…設定しなおさないと。
docomoやソフトバンクは来るのでわかるんですけどね…au、なんとかしてほしいなぁ。

こちらにアップされてる二次で、我が家のカン・マエは大変なエロ・テロリスト(古)になってることがお分かりかと思いますが……楽しんで頂けると幸いです♪

ガーターベルトの上にショーツ…なんて、着けたことがないと分かりませんよね。
私も一つ勉強になりました!と言っても今後着けることなんてないと思いますけど(笑)

ドラマのあのラストは私もかなり悶々としました!
だからこのように二次を書いてしまったのでありますが(笑)
韓ドラはハッピーエンドなことが多いようなのに、ベバは違いましたよね…恋愛が主体のドラマじゃないからかもしれませんが、もうちょっと何とかしてほしかったですね。

ベバのオープニングのカン・マエの背中にやられた!という方は多いです。
ミョンミンさんは素敵な趣きというか、雰囲気のあるお方だと思います。

こちらこそ私が書く拙文で楽しんで頂ければ、嬉しいです。
よろしくお願いいたしますv
【2014/02/24 22:19】 URL | 寅三吉。 #m9hpFNiU[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://deptstoreannex.blog.fc2.com/tb.php/241-54eff1de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。