dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

Profile

寅三吉。

Author:寅三吉。
色々と「萌え」の多い人生。
そして現在韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの妄想をする楽しい日々を過ごしております。
そのありえない妄想をこのように形にしております。楽しんで頂ければ幸いです。

初めてお越しの方は下の「カテゴリ」の「はじめにお読みください」を読んで頂けると有難いです。

FC2 Blog ranking

Counter

↓気に入られたらポチッと!

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ

Search form

QRcode

QR

「愛の夢」 2014-05-07-Wed

こんにちは。

ベバのドラマには切っても切り離せないクラシック曲は何曲かありますが、特にピアノ曲である「愛の夢」は、ファンにとっては忘れることは到底出来ない曲でしょう。
テレビやラジオなどでよく耳にする曲ですが、このドラマで曲のタイトルを知った方も多いと思います。
私もその一人です。

ベバファンである皆様には改めて語る必要はないとも思いましたが、読者様の中にはドラマを1,2回しか見てないという方もいらっしゃるようなので…。


ドラマ第11話。

市響を立ち上げたものの団員たちと上手くいかず、酷く落ち込んでいた(珍しく・笑)カン・マエが、市響をクビにした上にこっ酷く振ったはずのルミから携帯の留守電が何通もあることに気付いてメッセージを聴きます。
自転車旅行中、「日の出の丘」に到着する前日に残した(であろう)メッセージの中に…


「今聴いてるのは、リストの『愛の夢』ですけど、とってもいい曲です。
 原題はもっと素敵ですよ、『愛せる限り愛せ』…」


メッセージを聴いた後、カン・マエは『愛の夢』が入ってるCDを部屋でかけて…(しかも寝室でこっそりと?リビングにもサラウンドシステムがあるだろうに…ゴヌに聴かれたくなかったんか?笑)

その後に続くルミの「先生を忘れません」というメッセージが頭の中に流れていたのか、この時のカン・マエの顔はもう、誰にも見せないような慈しむような、優し~い顔をしてるんですよねv
しかも「無礼な話し方(も忘れません)」の時にフッと笑みをこぼすんですよ。

このシーンのカン・マエに「キューンv」としてしまったファンがかなりいることと思います(笑)


当二次でも拙作「タヒチで一緒に」で「二人にとって大切な思い出の曲」として使用させていただきました。



さて、そのフランツ・リスト作曲、「愛の夢」。

次回の「ららら♪クラシック」で取り上げられます。
Eテレで5月10日(土)21時30分からの放送です。
再放送は12日(月)の10時25分です。

世紀のモテ男、フランツ・リストはどういう時期に、どのような境遇でこの曲を作り上げたのか…。
私は調べて知ってるのですが、興味がありましたら皆様も是非(^-^)





雑記ばかりでごめんなさい。
最終話はあと少しで書きあげれるんですが、子供の体調不良やら自分の体調不良(苦笑)、GWやらでなかなか進んでおりません。

しかも…
「ルーズベルトゲーム」のもう一人の主役(と私は勝手に思ってる)、沖原くんにちょっと萌えてます。。。(照)

彼が何故正社員にこだわるのか、何故野球が嫌いになったのか…の理由がもうめっちゃ私の琴線に触れ捲り…!!


いい、いいよ…沖原くん…!!


…とすみません、心の中の妄想はちゃんとカン・マエ×ルミですが、ついつい吐き出してしまいました…失礼しました~(;^ω^A)

い、今まで若モノに萌えたことなんてほとんどないんですけどね…(汗)
私のストライクゾーンは40歳前後なのに…沖原役の工藤阿須加くんは22歳。

いやんv

(何がいやんv、だ、キモチワルイ!)

因みに工藤くん、「八重の桜」で八重の弟役を演じられた俳優さんのようです。
…と、大きな河の流れにどんぶらこ~…な、とある方に呟いてみた(笑)

スポンサーサイト

CATEGORY : 雑記 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« 最終話のまえがき+拍手お礼(5月9日) | ホーム | 雑記+毎度愉快な小劇場 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやんv ran | URL | 2014-05-07-Wed 13:06 [EDIT]

寅三吉。さま

こんにちは☆
まずはお風邪との事。どうぞお大事になさってくださいませ。

「愛の夢ーーー」ではなく「愛の夢」ですね。
本当にベバファンにとっては、いつかベバから離れる日が来ても
「愛の夢」を聞けば11話に引き戻される、、そんな曲ですよね。
私も、自室で「愛の夢」を聴くカンマエが好きです、、もう大好き。
もう大好きなツボは寅三吉。さまが仰る通りです。
ふふふっ「きゅん」じゃなくて「キューンv」ですね(笑)

ららら♪クラシックの「愛の夢」を教えて下さり、ありがとうございます。
二次を書かれる作者さまは、下調べをしっかりやられていますでしょ。
私のように好き放題呟いている人間にはお勉強になります。
有難うございます。

そして、恥じらう乙女のような寅三吉。さまが可愛い!
発熱でも、更年期(笑)の動悸でもないじゃない(笑)
それ、、恋しちゃったんだわねーーーー☆
いやんvって

私、少し前に大きな河の流れにどんぶらこ~…な、とある方の桜色の
お部屋を覗かせて頂いた時にも同じことを感じたのですが、
HNやテーマが変わっても作者さまの元気な気配を感じられると言うのは
私にとっては嬉しい事なんですよ。(あくまでも私はですが)
「好き」のパワーが溢れている感じが好きで、寅三吉。さまが
枯れていないのがいいです!
えっ、これ、、、新しい二次の勧めをしている、私?
でも背中を押さなくても、やる時は1人でやる人ですものね。
新しい世界をもたれたら、是非とも教えてくださいね。
沖原君を全く知りませんが、お祝いコメで参上いたします!

ははは(笑)
春だね、、、、どこもかしこも春だーーー☆
いやんv


うふんv 寅三吉。 | URL | 2014-05-07-Wed 22:30 [EDIT]

●ran様

いつもこのような雑記にまでコメントをお寄せくださり、有難うございます。

微熱の風邪はなかなか治らないので厄介です。
高熱が出てくれれば体内の菌やウィルスが一掃できるのですが。

いつかはベバから離れる日…そうですよね、いつかはそういう日が来ますよね。
というか「好き」という気持ちは変わらなくても、ベバへの意識が薄まる日がそう遠くない日に来ることでしょう。
でもran様が仰るように、そんな日が来ても「愛の夢」を耳にしたら、「ああ、カン・マエとルミにとって大事な曲…」とドラマのあのシーンを思い出すのだと思います。

韓国版では最終話の湖水公園への呼び出しの後の舞台のシーンのBGMは「愛の夢」なんですよね?
なんで替えちゃったんかなーあのシーンで「愛の夢」がBGMであることが物凄く重要なのに…と日本版の編集者に不満を持ってる寅三吉。です。

「キューンv」とされますか(笑)
ひとりでこっそりとルミへの想いを馳せるマエストロって、なんだか母性本能みたいなものが擽られるんですよねv


や、私の動悸は本当にキューンvな動悸じゃないんです(苦笑)
時々動悸が激しくなるんですよね…風邪ひいてるので余計出るんだと思います。
更年期はですね~まぁここで詳しいことを書くのは憚りますが、その可能性が無きにしも非ずなもので。
先日年上のお姉さまたちと呑んだ時も、その話で持ち切りになりました(笑)
もうホント、ヒヨンさんと違って(?)頼りになるお姉さまたちなので有り難いです。

違うジャンルでも元気に活動されてることが分かると、私も嬉しく思います。

…って私は新しい二次をやるつもりは(今のところは)ありませんよ!!
沖原君に関しては、現在は「見て楽しむ(愉しむ?)」だけです。
作品的に二次を書きたくなるものではないと思いますし…(飽くまで今のところは)。

と云いますか、私にとってベバ以上に妄想を掻き立てられる作品って、今後出てくるかどうか…。
何せ本当にドラマを観終わった後、物凄い勢いで妄想が始まりましたから(苦笑)
長いこと二次創作をやってきましたが、そんなこと、初めてだったんです。

そんなわけで結局は「ベバってスゴイッ☆」ってことなんですね~(笑)

いやー春です。
うふんv


トラックバック

TB*URL

| ホーム |