FC2ブログ

dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

スポンサーサイト

Posted by 寅三吉。 on  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

お知らせ + 拍手お礼(7月28日)

Posted by 寅三吉。 on   6  0

こんにちは。
毎日茹だるような暑さですが、皆様はお元気でお過ごしでしょうか?
ニュースによるとすでに熱中症などで搬送されている方が多数いらっしゃるようで…どうかどうかお体ご自愛くださいませ。
兎に角水分補給!そしてスイカやトマトなどを摂取です!

我が家は相変わらずあまりクーラーをつけてませんが、濡れたハンカチガーゼを首に巻いたりTシャツを霧吹きで濡らしたり、子供たちは毎日のようにビニールプールで遊ばせて暑さを凌いでおります。
そして明日は幼稚園の半日保育最終日。。。

夏休みのことを考えると恐ろしい~!(|||゚Д゚)
子寅1号は「本当は女の子と間違えて生まれてきたんじゃない?」と言うほど喋るんです。
起きてる間、何かに集中していない限りは喋ってるか歌ってるか、とにかくずーっと口が動いてます。
もーやかましいやかましい(苦笑)
まぁ友人とこの子供と毎日ビニールプールで遊ばせよう!と約束してるので、多少は紛れるかな…と思いますが(;´∀`)


そしてですね…相変わらず「のだめ・ウィルス劇場」は書き進んでおりません(ごめんなさい!)。

…が。

先日リズ様が書かれたベバ二次にて、我が家のオリジナル・キャラであるアレッサンドロ・カニーニョをゲスト出演させてくださったのです!!
そのSSの、アレッサンドロ目線のお話を思わず妄想、更に書き起こしてリズ様に強引に送りつけました(笑)。
そして今日の夜から二夜連続でアップしてくださることになりました。
(短いSSなのに前後編になっております・汗)

リズ様が書かれたアレッサンドロが出てくるSSのタイトルは「昼下がり、きみと」。
私のSSは「昼下がりのConversation」です。

宜しければリズ様宅へ読みに行って頂けると幸いですv

リズ様のベバ二次ブログ「a starlit night」


それでは続きからは拍手、投稿フォーム、非公開に頂いたコメントへのお返事です(^-^)




SSも雑記のアップもやっていないので、お返事が大変遅くなってしまいました。
申し訳ありません(汗)


●サキ様

コメント有難うございますv

いやー…人様のところでいつもお馬鹿なコメントを残しておりまして(苦笑)
あのようなコメントにいつもリズさんが乗りに乗ってくださるので、調子に乗ってしまっております(汗)
コメントの文章、カワイイですか?!
そ、そのようなこと云われたの初めてです、有難うございますv
また皆様にご期待に添えるよう、笑えるコメントを残したいと思っております(…ん?笑)



●みなぞ様

コメント有難うございます!

当二次を楽しんで頂けたようで、嬉しいです!!
しかも私が書くカン・マエが大好きだなんて、天に昇ってしまいそうなお言葉、本当に本当に有難うございます!

みなぞ様は…
グンソク君目当て→ベバを視聴→まんまとカン・マエ堕ち
…というルートなのですね(笑)
何せカン・マエのキャラが強烈でしたから…ゴヌが霞んでしまうのは仕方ないかもしれません。

みなぞ様もお酒、大好きですか♪
ベバファンの方は大人しい大人な方ばかりなので…いやーなんだか嬉しいです(笑)
オクトーバーフェスト、行かれる機会があれば是非…v


●れいこ様

いつも有難うございますv

間違えてしまった…件は本当に本当にお気になさらずに…。
マジで「面白いネタ頂きっ♪」と思ってしまった不届きものですので…(笑)

いつも私や子供たちのことまで気に掛けてくださり、嬉しいです。
子寅たちは時々熱を出したりしておりますが、元気過ぎるほど元気です。
私の体は元来頑丈に出来ておるようで、子供が熱を出してもケロッとしております(笑)

れいこ様はこの暑い中、体調は崩されてませんか?
私が書いたカン・マエ×ルミで暑気あたりが幾らか解消されれば幸いです♪

そして「歓喜の歌」に寄せて頂いたコメントのお返事。

た、確かにミウはカン・マエの孫でもおかしくないですよね(苦笑)
並んで歩いてたら「お孫さんですか?」とか言われそう…でも欧州では東洋人は若く見られるから大丈夫ですかね?

カン・マエが娘に子守唄ですか~。
ミョンミンさん自身はあまり歌はお上手ではないようですが…(;´∀`)
あ、でも音楽やってるから、楽器やってるから、絶対音感もってるから…といって、歌が上手ということではないそうですよ。
以前読んだ絶対音感を持ってる人の書籍に、カラオケなどに行って歌おうとすると、自分の声に合わせるためにキーを上下すると途端に音程が取れなくなる、と書いてました。
そういえば「名探偵コナン」の主人公・江戸川コナン君は絶対音感を持ってるのに、超音痴!という設定だったはず…(って漫画やないかい・笑)

歌うとしたら、やっぱりシューベルトやモーツァルト(フリース)の子守唄でしょうか。
カン・マエの歌声なんてきっとルミでも聴けないでしょうから、歌ってたなんて知ったら間違いなく
「聴かせて~~!!!」
と言うでしょうね(笑)
でもカン・マエはルミには頑として歌わないという。。。

女医のユン・ジス、私の中ではアレッサンドロ以上に最強オリキャラとなっております。
何せカン・マエより強いので…(笑)
SSにしてない妄想では、ジスさんにそれはもうコテンパンにやられてますよ、カン・マエ…(涙)。


そうそう、れいこ様が仰るように当ブログは本日で(7月28日)開設して丸々2年になりました!
まさか2年もブログが続くことになるとは…(笑)
この飽き性の私がそんなに長い間、ベバに嵌り続けているんですね~。
れいこ様と同じく、私もベバ以上の作品に出逢うのは難しそうです。
やっぱりベバは凄い!の一言(^-^)

間違えてもいいので(笑)、是非是非またメッセージをください♪
お待ちしております!
(あ、裏に頂いたお返事…滞りまくってて…ごめんなさい!!)

あっと!れいこ様にお伝えしなければ…と何故か思ってしまったことがありまして。
先日友人親子(ママと子供二人)とウチの一家4人で買い物に出かけまして…。
なんと7人中、3人のつむじが左巻きでした!!(笑)
我が相方と2号、そして友人とこの次男坊が左巻き。
つむじ左巻きって何千人に一人居るか居ないか…だそうですが、本当にそうなの?!この狭い空間(車の中で気付きました)に3人も居るんだけど!と思った出来事でした。





本日7月28日にブログ開設2周年を迎えました。

こんなに長く続けられたのも、ベバファンの読者の皆様のお蔭様です!
本当に有難うございます。
相変わらずお馬鹿なことを書いてる管理人ですが、もう少々お付き合いいただければ…と思っております
スポンサーサイト
寅三吉。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

-6 Comments

ran says..."有難うございます☆"

寅三吉。さま    こんばんは

まずはと言うには既に遅れていますが、ブログ開設2周年おめでとうございます。
これからも、いい時間、いい出会いに恵まれますように☆
ふふっ、、開設時とべバへの濃度は変わったとしても、枯れないから面白い(笑)

さて、リズさまのお部屋でアレッサンドロの大活躍を拝読しました。
読み終えて、超スッキリなんですけど(笑)
マエストロって正統派の魅力もあるけれど、からかいがいが有るというか。
私もマエストロに残業を言い渡されても、絶対に突っ込む(笑)
だから、マエストロの意図的で傲慢な仕草にアレッサンドロの意図的で的確な
言葉の投げかけにスッキリしました☆

素人の思ったままの感想ですみません、、、
作者さま、それぞれの作品、細かく言えば言葉1つでも香りが違うと思うんです。
だからと言うのも変ですが、リズさまのお部屋に寅三吉。さまの作品!!
超期待のドキドキ半分、「ど、、、どんな感じなんでしょうか」のドキドキ半分。
でも、全く違和感なく、リズさまの作品から枝葉が広がり、寅三吉。さまの作品を
アレッサンドロが優しく、上品に手を繋いだ感じがしました。
それ以上にリズさまと寅三吉。さまの作者様同士の関係を素敵に感じましたよ。

もうすぐ8月
寅三吉。さまのお家も完全なる夏休みに突入ですね☆
毎日、ビニールプールの準備に後始末 お疲れ様です。
お疲れになりませんように!




2014.07.30 02:07 | URL | #0EjQUAK2 [edit]
寅三吉。 says..."Re: 有難うございます☆"
●ran様

いつもコメントを、そしてブログ開設2周年のお祝いのお言葉を有難うございます!

リズ様に贈ったSS、スッキリして頂けて何よりでした(^-^)
人様のところでも大活躍?なアレッサンドロです…もうどんだけカン・マエが好きなのかと(笑)←もしかしてルミと同じくらい好きなのかも…。

> マエストロって正統派の魅力もあるけれど、からかいがいが有るというか。

そうなんですよね~…私はSを苛めるのが大好きなドSを自負しておりますので、ミョンファンやアレッサンドロ、時にはリトル・ゴヌを通してついついからかってしまいます。
だって楽しいんだもんっ☆
カン・マエってからかうと、からかった甲斐があるレスポンスをしてくれると思うんですよね(笑)

そんなわけで最終話を書き終えてもあのように、なんだかんだでベバ妄想はちょこちょこと溢れております。


> でも、全く違和感なく、リズさまの作品から枝葉が広がり、寅三吉。さまの作品を

そう思って頂けて幸いです!
二次とは云え人様のところのSSってran様が仰るように香りが違うので、その香りを変えないようにするのが難しいんですよね(;´∀`)
今回は私のオリキャラ目線で書かせてもらったので、そういう面はさほど気にしなくてもよかったのですが、以前チップ様のところの続き(裏ですが)を書かせてもらった時は、チップ様の香りを崩さないようにするのに苦心した覚えがあります。

なんだかんだで今年も例年通りの暑さのようです。
ran様も夏バテや熱中症にご注意ください!
2014.07.30 21:45 | URL | #m9hpFNiU [edit]
リズ says..."おめがとうございますv"
「おめでとう」と「ありがとう」を足して、おめがとうv

まずはブログ開設2周年、おめでとうございます!
寅。さんがこうしてベバの二次創作ブログを開設して下さって、もう放映後何年も過ぎているこのドラマの人物が、また生き生きと動き出した。そんな感じがします。
寅。さんの描くカン・マエとルミ、そしてその二人を取り巻く面々って本当に息づいて存在しているような感覚なんです。私もその場にいて一緒に息をしているくらいの。だからそういうお話をたくさん読ませていただいて、私は贅沢だなあ、恵まれているなあって。
そう思ってます。

何より、こうやってコメントなどでおバカな、じゃなくて、ドアホウな・・・でもなくって、しょーもない、これも駄目だ、うーんなんて言ったらいいの?
まあそういう感じの(笑)やりとりをさせて頂けて、私も楽しくってなりません。
ありがとうございますv

そしてもひとつ。
大きな大きな「ありがとうvvvvv」
拙宅へのプレゼントSS、あんなに楽しいお話をお送りいただいて感謝に堪えません。
アレッサンドロ君の出演だけでも嬉しかったのに、あんなにミュンヘン・フィルの団員たちに愛されているカン・マエを見ることができて、そして、カン・マエとルミの公開イチャぶりを物陰から一緒に覗くことができて、とっても楽しい「昼下がり」でした。
記事内からの拙ブログへのリンクも張っていただき、これまたありがとう!

これからもよろしくね。三次元ポケットのトラえもん様♪(笑)

 
2014.08.08 19:52 | URL | #2er0zPNY [edit]
リズ says..."Anniversary"
 
ごめんなさい!
人様のブログのコメント欄ですが、寅。さん宅2周年にちなんで何か・・・と考えたら、こんな「記念日風景」が下りてきました~。
勝手に押し付けます。
寅。さん、受け取らなくてもいいけど「迷惑コメント」だけにはしないで~(泣笑)

◇ ◇ ◇

Anniversary


予告もなしに帰りが遅くなった。

別に遊び歩いてきたわけではなく、来月の公演のことで急な打ち合わせが入ったからであるのだが、まあとにかく普段の単なる「練習時間の延長」だけではないほどに、時間が延びた。

「帰ったぞ」

と玄関で呼びかけつつリビングへと向かう。
しかし普段なら愛犬ともつれ合うようにして笑顔で転がり出てくる年若の妻は、今日はなにやらテンションが低い。
やけにゆっくりと出てくると、

「・・・おかえりなさい」

と応える声までどことなくぷつんと膨れ気味だ。

「―――?」

その様子をさすがに怪訝に思い、片眉だけを器用に歪めて、カン・マエは剣呑に問うた。

「・・・なんだ、どうした?」

「お料理、冷めちゃった」

ぷん、と膨れる風情で、さらに恨みがましく上目遣いで言ってみせるトゥ・ルミである。

「あたためればいいだろう」

彼としては至極まっとうに答えたつもりだが、どうやら妻からは及第点をもらえないようだ。
彼女はまだ頬の辺りに拗ねる様子をありありと映している。

部屋に入りダイニングを見れば、なぜか食卓には花が飾られ、普段よりも手の込んだ料理が来客用の食器で並んでいた。

「・・・?」

鞄をソファに置きながら、

「何か予定をしていたか?」

まったく覚えがないので、ルミにそう尋ねる。
とたんに今日一番のしかめ面を、彼女はしてみせた。

「2年だもん!」

こういうときのトゥ・ルミは、彼に言わせると「やけに子供じみた表情と口調」になり少々厄介である。

「2年?」

「結、婚、記、念、日!」

ゆっくり区切るように発音されて、しかし、その言葉が頭の中で意味を結ぶまでにはそれでもタイムラグがあり、数秒してからようやくマエストロは、「・・・ああ」と頷いた。
「そうだったか?」だとか「だからどうした?」という答えを返さなかっただけ、まだましだと言えるのかもしれない。

しかし、こうした場合にいったい何をどう言えばいいものであるのか、この、万事そつなくこなすはずのマエストロ・カンにはどうしても分からないのだ。
結局、

「・・・連絡しないのは俺も迂闊だったが、おまえも先に一言くらい言えばいいじゃないか」

謝罪の言葉の後半でそのまま相手の非をつく流れとなってしまっている。

たぶん、いや確実に、彼を驚かせようとして準備してきて、それが肩透かしをくらったがための膨れ面なのであろうが、そんなもの、自分で勝手に盛り上がっておいてそれがうまくいかなかった責をこちらに負わせられるということは筋違いではないか。

「来年からは事前に教えてくれればいいんだ。変に気を回すよりよっぽど楽だろう。毎年こんなことだと、この先何十回も大変になるじゃないか」

「・・・・・・」

彼にしてみれば、自分のこうしたそっけなくぶっきらぼうな対応がいつでも相手とのコミュニケーションに危険信号を点らせることの自覚はあるのだが、このいわばすでに習性となってしまった言い回しは自分でもいかんともしがたい。

もしや、ルミは・・・泣くだろうか・・・?

少々きまりの悪い思いで、ゆっくりと視線をめぐらせて妻に向き直ると。

「?」

なぜか先ほどまでの不機嫌はどこへやら、トゥ・ルミはやけに嬉しそうに頬を染め、
「そっか・・・そうだよね・・・」
などとこくこくと頷き、いつもどおりの柔らかな笑みに目じりを下げて、

「スープ、温めるね!あなたは着替えてくるでしょ?」

といそいそとキッチンに向かうではないか。

「・・・・・・???」

いきなりの態度の変わりように、何がなにやらさっぱりと分からず首をかしげ、それでもどうやらこの流れならこのまま夕食にありつけるようだと見込んで、彼は着替えのために2階へと上がる。
その背中に、ルミのご機嫌な鼻歌と、食器を扱うカチャカチャという軽い音が聞こえてきた。

  ・・・これだから女というのは本当に不可解だ・・・。

この数分の間の、妻の態度と感情の変容と浮沈がさっぱり理解できず肩をすくめるばかりのカン・マエは、自分の言葉が無意識のうちに「来年もこの先も、ずっとともに結婚記念日を迎えるのだ」と認めていたことにはまだ気づいていない。

(了)

・・・さてと、犬も食わないマエストロ夫妻のいちゃいちゃ記念日はおいといて、とにかく寅三吉。様、ブログ2周年おめでと~~♪

 
2014.08.08 22:08 | URL | #2er0zPNY [edit]
寅三吉。 says..."Re: おめがとうございますv"
沖縄帰りのリズ様v

おめがとう…の「おめが」は「Ω」で宜しかったですかね?

2周年のお祝いコメントを下さり、そしてあのようなSSを掲載して頂き有難うございました!!

> 寅。さんがこうしてベバの二次創作ブログを開設して下さって、もう放映後何年も過ぎているこのドラマの人物が、また生き生きと動き出した。そんな感じがします。
> 寅。さんの描くカン・マエとルミ、そしてその二人を取り巻く面々って本当に息づいて存在しているような感覚なんです。私もその場にいて一緒に息をしているくらいの。だからそういうお話をたくさん読ませていただいて、私は贅沢だなあ、恵まれているなあって。
> そう思ってます。

うわーうわーリズさんからそんな「息づいて存在」なんてお言葉頂いちゃって、恐悦至極です(大照)

そうなんですよね~今年でベバの放送が終わって6年になるんですよね。
私は嵌って2年しか経っていないので、そんなに時間が経過してるとは思えないのですが、リズさんはもう4年でしたっけ?
リズさんこそもう4年もハマり続けてて(例え途中で大きな河の流れにドンブラコしてても)、尚且つ未だに二人の妄想が途絶えないのは凄いと思います!


> 何より、こうやってコメントなどでおバカな、じゃなくて、ドアホウな・・・でもなくって、しょーもない、これも駄目だ、うーんなんて言ったらいいの?

何を仰るうさぎさん…いや、リスさん、いやさリズさん!!(まだ云うか・苦笑)
お馬鹿でもド阿呆でもアンポンタンでもありません!
「大変面白おかしい」コメントでございましょー!

> そして、カン・マエとルミの公開イチャぶりを物陰から一緒に覗くことができて

兎にも角にも、何処のお宅(二次)でもカン・マエ×ルミはイチャイチャしてるってことですね。
カン・マエは自覚してないよーだけど、奥方への溺愛っぷりが周りにはダダ漏れしてるってことですよね。
そしてミュンヘン・フィルの面々にその溺愛っぷりを常日頃から話のネタにされてるといいと思うよ、マエストロってば♪

> これからもよろしくね。三次元ポケットのトラえもん様♪(笑)

「まったくも~…リズ君はいっつもいっつも僕に頼ってくるんだから…。
 しょうがないなぁ…(ゴソゴソ←ポケットを探る音)」

♪チャララチャッチャチャ~♪

「とりあえずエロいカン・マエ~!」


…なんかトラえもんというよりも、「エロえもん」な気がしてきた…。
(そういえばその昔、マガジンで「フェロもん」というドラえもんをオマージュした4コマ漫画があったな~)

こちらこそよろしくおねがいしマウスフィル♪

それから新たに頂いた素敵な二次付コメント、改めてお返事いたしますvvv
2014.08.08 23:36 | URL | #m9hpFNiU [edit]
寅三吉。 says..."Re: Anniversary"
リズ様、返事が遅くなってしまい申し訳ありません!
昨夜は珍しく(笑)相方が家に居たものですから、お返事が書けませんでした。
(↑台風の影響で暴風雨だった為、遊びに行かなかったようです…チッ・笑)


ふぉぉぉぉぉ~…!
なんともなんとも素敵な、いや、素敵すぎるお話をありがトゥゴヌいます~vvv

そうそう、カン・マエって欧州に長く住んでるというのに、記念日なんてものには頓着しないイメージですもんね。
絶対に自分から「結婚記念日だから」早く帰ってくるとか花を買ってくる…なんてことはしないと思います。
流石にルミの誕生日はそれなりのことをしそうですが。

ルミもそんなことはよく分かってるけど、今日は遅くならないって言ってたのに…とむくれちゃったんでしょーね、もう可愛すぎっv
カン・マエの「この先何十回も大変になる」発言で大喜びしちゃうルミも食べちゃいたいくらい可愛いぞ、コンチクショー!!

因みに私も「なんでルミ、機嫌がよくなった?」とカン・マエ並みに分からなかったけど、なるほどね~!と納得(笑)
確かにカン・マエ自ら「もうお前と生涯を添い遂げようと決めたんだゾッ☆」と公言してしまってるワケで♪
ルミ、後日アレッサンドロに「ねぇ、聞いて聞いて!先生ってばね、この間ね…」とニッコニコで報告しそー(ゲラゲラ)

そ♪し♪て♪…

私の方もついついリズさんが下さったお話のその後の話をポロリと思いついてしまった!
以後…

♪チャララチャッチャチャ~♪(←ド○えもんが四次元ポケットから道具を取り出す時の曲)

「とりあえずのエロいカン・マエ~!」

…です。





ルミがベッドに入って暫くすると、先にベッドのヘッドボードに背を預けて本を読んでいたカン・マエはナイトテーブルの上に置いてあるガレのランプを消した。
それからシーツの中に横になるとルミの唇に軽くキスをしてパジャマのボタンを外しはじめたので、彼女は「ちょっと待って」と彼の手を止めた。

「先生…疲れてるんじゃないの?
 さっき予定外の残業をしたから疲れたって…」

「…今日は記念日なんだろ?」

ルミはその言葉に一瞬目をパチクリとさせる。

「そうだけど…」

「“そうだけど…”なんだ?」

「今日は出来ない日で…」

「…………」

カン・マエは外したパジャマのボタンをご丁寧に留め直すと、ルミに背を向ける形で横たわった。
その夫の背中からどことなく穏やかならぬ気配を感じ取ったルミは上半身を起こして彼の顔を覗きこみ

「――先生、怒っちゃった?」

「………」

「だってしょうがないじゃない、女は色々とあるから…」

「――別に怒ってなどいない」

そう言ったが、先ほどより明らかに不機嫌な表情になっているカン・マエである(暗いのでルミには見えていないが)。

「本当に…?」

「ああ」

「それじゃあ…せめてギューッ!ってしながら寝ません?」

「は?」

「ほら、記念日だから、ギューッ!って抱き合いながら寝るの、ね?
 先生、普段はそういうことあまりしてくれないから今日くらいしてよ」

カン・マエは数秒逡巡するが「仕方ない…」といった態でルミに向き直ると、彼女の細い身体をギュッと抱きしめてやる。
するとルミは「えへへへへ~」と顔を最大限に緩ませて彼の逞しい胸に顔を埋めた。


妻の身体からは優しくて、甘い香りがする。
結婚して2年も経つが、彼は今でも彼女の香りが鼻孔をくすぐると何とも云いようのない気持ちになる。
しかもこうして抱きしめてやるとルミの柔らかな感触が更に彼の気持ちの昂りに拍車をかけるのだ。

 だからあまり無意味に抱きしめたくないのだが…

そんな彼の気持ちを彼女は微塵も気づく様子もなく、幸せそうに寝息を立てていた。

(もう寝たのか…)

とっくに分かっているものの、彼女の寝入りの早さには未だに驚くというか、呆れてしまうことがある。
だがそんなトゥ・ルミの姿が愛しくて堪らない。

彼はこの先、何十回も…いや、数えきれないほど満たされた気持ちを実感するのであろう。

カン・マエはルミの寝顔を暫く眺めた後、眠りについたのだった。


☆Gute Nacht☆
(おやすみなさい)





あれ?
ギャグとして落すつもりが、なんかしっぽりと終わってしまった…(苦笑)
うん、きっとリズさんが書かれたSSが素敵すぎたからです!!
リズさんのせいです!
…とジャイアンのように人の所為にしてしまおう、うん、そうしよう!


んでもってトゥ・ルミさん、すぐに寝るってことは…
ルミはのび太君ってことですね?
ということはド○えもんなのは私ではなく、カン・マエってことですね!(…ん?)
その場合「カンえもん」だとなんか語呂がイマイチなので、「マエえもん」とか「ゴヌえもん」の方がいい?


…と相変わらず意味不明なお返事をして退散しまぁ~す(苦笑)
2014.08.11 00:09 | URL | #m9hpFNiU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://deptstoreannex.blog.fc2.com/tb.php/261-915b75d3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。