FC2ブログ

dep't store Annex

韓ドラ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの二次小説ブログです。管理人:寅三吉。

Profile

寅三吉。

Author:寅三吉。
色々と「萌え」の多い人生。
そして現在韓国ドラマ「ベートーベン・ウィルス」のカン・マエ×ルミの妄想をする楽しい日々を過ごしております。
そのありえない妄想をこのように形にしております。楽しんで頂ければ幸いです。

初めてお越しの方は下の「カテゴリ」の「はじめにお読みください」を読んで頂けると有難いです。

FC2 Blog ranking

Counter

↓気に入られたらポチッと!

にほんブログ村 小説ブログ 韓ドラ二次小説へ

Search form

QRcode

QR

雑記 「白い巨塔」を見た! 2014-09-29-Mon

「家政婦は見た!」的なニュアンスでヨロシコです。

ベバ以外興味のない方は、そっとブラウザを閉じてくださいませ。

先日、4話くらいまで見て以降は未視聴だった韓国版「白い巨塔」を見ました。

…と言っても最後の方の17話から最終話まで(笑)
ミョンミンさんが主人公の最期を、どう演じてるのか気になりまして。

2003年の唐沢版はリアルタイムで観ていたのですが、唐沢寿明演じる財前吾郎の今際の際シーンが私的に心に入ってこなかったんですよね。
私は演劇に関しては全くの素人なので、唐沢さんの演技云々…というよりも演出の問題かなぁ…と思うのですが。
実際、唐沢さんは原作者の山崎豊子さんに大変気に入られ、数年後に制作された「不毛地帯」の主人公役に指名されるほど好演されてましたしね。
ミョンミンさんも「白い巨塔」の唐沢さんの演技を絶賛、当分の間唐沢財前が脳裏に焼き付いて離れなかったらしいです(;^ω^)

でもね~…ミョンミンさん、「白い巨塔」はやっぱり田宮二郎氏なんスよ…( ̄ー ̄)
若い方は「田宮二郎って誰やねーん!」と思われることでしょうが(もう30年以上前に亡くなられてますから)、やっぱり田宮さんのイメージです。
何せ私がドラマを観たのは小学校低学年だと記憶してるのですが、田宮さん演じる財前吾郎は今でも覚えてるほど強烈でした。
あの貫禄と雰囲気を、今の日本の俳優さんで出せる人は居ません。
そりゃークリス松村の初恋の人なわけだ(笑)
昔は沖雅也とか松田優作とか、唯一無二の雰囲気を出す俳優さんが多かったんですよね。

そして「田宮二郎とミョンミンさんの目付きが似ているときがある」とネットで書かれてて、「ふぉぉ~」と思ったワタシ。
うんうん、野望と野心溢れるあの目付きが田宮さんを彷彿とさせるんですよね♪

と、閑話休題。

私的には韓国版のラストの方が違和感も覚えず、しっくりきました。
肝性脳症を起こし、意識朦朧となりうわ言を呟くジュンヒョクの演技は流石ミョンミンさんです。

ただひとつ、是非取り入れてほしかったのになーと思ったのは…
財前の遺書に書いてあった最後の一言…

「尚、自ら癌治療の第一線にあるものが早期発見出来ず、手術不能の癌で死すことを、心より恥じる。」

が韓国版になかったのが非常に残念!
唐沢版はもちろんのこと、田宮二郎版の方にもあったらしいのに。
あのモノローグがあるからこそ、ドラマのラストをギュッ!と引き締めてると思うんですが…何故韓国版はこれを取り入れなかったのかな。
国民性の考え方の相違か何かで、再現しなかったんでしょうか。





「白い巨塔」の他に、「私の愛、私のそばに」「ヨンガシ」「スパイ」を立て続けに見ました。
近々簡単な感想をアップしようかと思います。
私は感想文は苦手なので、大したことは書けないと思いますが…(苦笑)

「ここはベバの二次ブログじゃなかったんかい?!」という突っ込みは…ドンドンしてください(笑)
のだめウィルス劇場3も近々アップ出来そうです♪

そして裏の希望…43拍手(現時点で)も、有難うございます!
この拍手を励みに頑張りますっ!

スポンサーサイト

CATEGORY : 雑記 Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« お誕生日おめでとう!の映画感想。 | ホーム | 拍手お礼(9月19日) »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いっぱい同感☆ ran | URL | 2014-10-01-Wed 14:52 [EDIT]

こんにちは☆
「白い巨塔」を見た!に、私の眠っていた気持ちが刺激され
今、すごーーく視聴したくて仕方ない。
もう1回視聴したら、色んな事を書きたくなっちゃうのよね、私。
だから我慢☆
でも、寅三吉。さまのお部屋で「白い巨塔」って。嬉しいです。

4話まで視聴して、間が飛んでの17話~最終話視聴を
思わず突っ込もうかと思ったけれど、
「ミョンミンさんが主人公の最期を、どう演じてるのか気になりまして。」
と言う言葉に、十分な理由として成り立っていると、、、
実際、私のそういった視聴をする人なので、、はい

私も唐沢版を観た時に「ちょっと違うんだなぁ」と思いまして、
田宮版、ミョンミンさん版と比べると、、うーーーん
でも、唐沢版いいところも有るのよ☆フォローじゃなくて。

そして、「やっぱり田宮二郎」って私も思った。
私はミョンミンさん版視聴して、唐沢版、田宮版、で原作に
流れたのですが、今、視聴すると田宮二郎は決して上手い俳優では
無かった気がしますが、寅三吉。さま仰るように
あの貫禄と雰囲気は誰を出せる俳優は存在しないですね。

で、遺書の最後の一言、、そうなの、私も同感です。
あの一言は唐沢版と言うより、日本の制作の方が私も好き。
そうなんですよね、、国民性の考え方の違いなんでしょうね。
「白い巨塔」自体を何と捉えたかも日本と韓国は違いますからね。

田宮二郎だと私は「白い影」も好きです。
SMAPの中居君も演じましたが、渡辺淳一さんの「無影燈」が原作ですが
中居君もいいんだけど、、やっぱり田宮二郎って思いました(笑)

うわ、、、沢山視聴なさったのですね☆
うふふっ、感想文楽しみにしています。
こんなコメントでよかったかしら、、
お邪魔しました☆




Re: いっぱい同感☆ 寅三吉。 | URL | 2014-10-01-Wed 23:14 [EDIT]

ran様

いつもコメント有難うございます!
ran様も見たくなっちゃいましたか?
是非見てください~♪
そしてカン・マエと違うミョンミンさんの魅力を、記事としてアップしてください(^-^)

何故17話からかといいますと、FC2動画に「白い巨塔」をアップしてくださってる人が居り、それが17話からだったから…です(苦笑)
子供が小さいとレンタル屋に行くのも大変なものでして。。。
あとはネット上で「ストーリーの中盤は日本版と展開が殆ど同じ」と書いてあったので、それじゃあまた時間があるときに見ようかなーと思ったのでした。

> 私も唐沢版を観た時に「ちょっと違うんだなぁ」と思いまして、
> 田宮版、ミョンミンさん版と比べると、、うーーーん
> でも、唐沢版いいところも有るのよ☆フォローじゃなくて。

そうなんですよねぇ…。
ran様が仰るように、唐沢版もいいんですよ。
原作はもう数十年前のものですから、それを現代に置き換えてしっかりと作られてると思いますし、唐沢さんの演技も…それまで爽やか路線だったのに、悪役もかなりイケるんだな~と感心したものです。
良い俳優さんは悪役も出来なきゃダメですもんね。
でもやっぱり田宮さんのイメージが強烈過ぎて…(苦笑)

昔の日本の俳優さんは演技よりも、自分が持つ雰囲気だとか迫力で役柄を作ってる人が多かったように思います。
だから○○役はこの人!この人は○○役!という俳優さんは多かったですよね。
座頭市は勝新、明智小五郎は天知茂、というような。
ハリウッドの、それこそミョンミンさんも大好きな役者馬鹿(笑)ロバート・デ・ニーロのような人が日本で知られるようになってから、演技の幅を広げた俳優さんが増えたのではないでしょうか。


> で、遺書の最後の一言、、そうなの、私も同感です。

韓国版が作られることになったとき山崎豊子さんは「ドラマのリメイクではなく、飽くまで原作をもとにして制作すること」というのを条件に出したそうですが、あの最後の一言は原作にあるのでしょうか?
原作になければ仕方ないのですが。
そうでなければ韓国の方は「自分のことを恥じる」ということを口にしないのかもしれませんね。

> 田宮二郎だと私は「白い影」も好きです。
> SMAPの中居君も演じましたが、渡辺淳一さんの「無影燈」が原作ですが
> 中居君もいいんだけど、、やっぱり田宮二郎って思いました(笑)

田宮版の「白い影」は見てないんです。
何せ田宮さんが亡くなられたのは私が5歳の頃…(苦笑)
「白い巨塔」は名作中の名作ですので、私が小学校の頃は何度か再放送されていたのでそれを見たんですよね。
中居君版は数年前に再放送で観ました。
あれを見て「俳優という仕事は自分ではない人間の人生を作ることが出来るから、面白そうだな」と思いました…だって普段の中居君と全然違うんだもの(笑)
こちらは原作の「無影燈」、読みましたよ~。
でもドラマと大分ニュアンスが違うんですよね…。
ドラマ「白い影」の方は直江はヒロイン典子に不器用ながら愛し、心を寄せてましたが、原作の直江は飽くまで子孫を残すという男としての本能に準じただけ…という感じで「うわー渡辺淳一の世界だー(笑)」と思ったのを記憶してます。


感想文は…本当に苦手なので、私が直感で思い感じたことをダラダラ書くだけになりそうです。
のであまり期待なさらないでください~(汗)

あと「不良家族」も再視聴しております(^-^)


トラックバック

TB*URL

| ホーム |